【週振り返り】映画見放題のHuluを解約し、Amazonプライムに一本化した 他

さあ、毎週恒例の週振り返りエントリー(週次レビュー)だ。

毎週の僕の日常と、その気づきを書いていくもの。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

先週の振り返り

先週の日常の振り返りを書いていく。

Huluを解約し、Amazonプライムに一本化した

映画を見る彩りのある日常を求めて。

僕がHuluに加入したのは以前にエントリーに書いた通りだ。

その後順調に映画生活を楽しんでいたのだが、先日妻からの指摘で1年くらい前からAmazonプライムに加入していたことが発覚した。

今話題のAmazonプライムに。なんと1年前から。

このショックを想像してみてほしい。

Amazonプライムは映画が見放題、音楽も聴き放題、Amazonでの買い物の配送スピードも無料で上げることができる。

そんな夢のようなサービスだ。

僕はHuluに既に入っていたので、映画の機能が重複すると思い。加入を見合わせていた「つもり」だった。

しかしまさか既に入っていたとは。恐るべしAmazon。

そしてHuluとAmazonプライムを比較して。

映画のラインアップを見たところ、そんなに大きく差はなさそうだったので、Huluは解約することにした。

今までありがとう、Hulu。楽しかったよ。

上半身がかなり凝ってきている

最近肩を中心に、上半身がかなり凝ってきている。

体に違和感がある時は要注意だ。

体の違和感は僕達になんらかのメッセージを送ってきている可能性が高いからだ。

おそらくなんらかのストレスが体にかかり、体に不自然に力が入ってるのだろう。

たまに体に妙に力が入ってることを感じることがある。

深呼吸を中心に体をリラックスさせることを心がけ、ストレスの要因も探っていこうと思う。

しかし最近は体のメッセージに敏感になってきた。以前なら気づかずに、過ごしていたかもしれない。

やはり自分を大切にすることに意識を向けることは大切だ。

気がついた時には大変なことになっていたでは、時すでに遅しだからだ。

愛想笑いをやめていく決意

先週は飲み会が多かったのだが、けっこう愛想笑いをしている自分に気づいた。

愛想笑いは、極端に言えば自分に嘘をつく行為だ。

これを続けていくと、どんどん自然な笑顔ができなくなるのではないか。

そんな恐怖を感じた僕は、少しずつ愛想笑いをやめていくことにした。

自分がおもしろくないと思っているのに、他人に気遣って無理に笑う必要はない。

今週から少しずつ試していこうと思う。

今週の1冊

きっかけはかさこさんのFacebookの投稿かなんかだったか(かさこさんについてはこちら↓)

中谷彰宏さんの「人は誰でも講師になれる」を読んだら。想像以上に良かったので紹介する。

人は誰でも講師になれる
中谷 彰宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31,267

最近ぼんやりと勉強会の開催などを考えていて、テーマを中心に色々考えていた。

どうも自分の中でスッキリしない。

そんな中。講師をやるには準備ができてからではなく、すぐやること。

結果的にそのほうがどんな準備が必要かわかるので、早くできるようになる。

そんな趣旨のことが書かれていて、妙に納得してしまった。

そう。「先に決める」だ。

自分でも以前から言っていたことなのに、すっかり忘れていた。

そんな感じで、このプロジェクトを前に進めるヒントをもらった一冊。

いつか講師をしてみたいと考える人には勇気をくれる一冊と言えるだろう。

先週のエントリー

先週書いたエントリー一覧。見逃した方はこちらからどうぞ。

ということで、参考にしてほしい!!!

昨日は久しぶりにじっくり寝てスッキリ! いつでもスタオバより

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

人は誰でも講師になれる
中谷 彰宏
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 31,267
一生お金に困らない生き方

心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

いつでもスタオバの日常の振り返りはこちらから

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック