「目標は紙に書くと実現する」は本当だった!潜在意識を使って目標を実現するためのシンプルな方法

「目標は紙に書くと実現する」。これは本当だった。

神田昌典さんはご自身の著書である「非常識な成功法則」で「目標は紙に書くと実現する」

と書いている。

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

過去をふりかえれば、僕も書いた目標がいくつも実現していることに気がついた。

非常に興味深かったので、シェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

なぜ紙に書くと目標が実現するのか

これは僕自身の理解だが、潜在意識の活用が影響していると考えられる。

以前のエントリーでも書いたが、空白の原則によるものだ。

僕達の脳は検索エンジンと似ている。目標というキーワードを入力すると、答えを探しはじめるのだ

例えば一年後に年収一千万円をもらいたいと思えば、脳はその達成方法を潜在意識で考えるようになる。

あなたが目標を決めた時から、年収一千万円の達成に向けて脳がその方法を考えるようになる。

あなたは潜在意識に導かれるように、行動をするようになるのだ。

気づくと叶っていた僕の目標

僕は神田さんの本を読む前から、目標を毎年Evernoteに書いていた。

そして最近自分の昔の目標を振り返っていた時、その大半が実現していたことにびっくりした。

いくつかみてみよう。

  • ブログを毎日更新する
  • タスク管理で週次レビューを毎週実施する。
  • 毎日7時間以上睡眠を確保する
  • 少なくとも週1日運動をする
  • 毎日少なくとも19時には仕事を終えている

これは僕が2012年の11月に掲げた目標の一部だ。

当時の僕はこの目標を達成するのは困難だと思っていたにもかかわらず、今は全て達成してしまってる。

「目標は紙に書くと実現する」を身をもって体験したと言っていいだろう。

忘れてはいけないこと

それは「目標を毎日眺めること」だと神田さんは言う。

目標を年初に書く人は多い。しかしみんないつしか、その目標を忘れてしまう。

それでは意味がないのだ。

目標を紙に書いて、寝る前にそれを眺める。目標を達成した自分をイメージする。

そうすることで、脳でその方法の検索が行われ、あなたは目標に向かって行動していくことになる。

これは僕も今実際に行っている習慣でもある。あなたにも是非試してほしい。

まとめ

目標は紙に書いたら実現する。

「うさんくさいなぁ」と思うかもしれないが、神田さんいわく、成功者は例外なくこの習慣を実行しているそうだ。

そして僕自身も目標が達成されていたことに驚いている。目標を設定した時には「理想的な自分」として掲げた目標だったからだ。

それが今実現しているということ。大切なことはまずやってみることだ。

紙でなくても、Evernoteに目標を書けば、スマホでいつでも確認することができる。

必要なお金はゼロ。うまくいったら効果はとてつもなく大きい。

それでもあなたはこれをやらずに人生をすごすのだろうか。

決めるのはあなただ。

ということで、参考にしてほしい!!!

今の目標も叶うといいなぁ いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

目標は紙に書くべし!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメの本はこちら

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
非常識な成功法則【新装版】
神田昌典
フォレスト出版
売り上げランキング: 1,194
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック