からだの違和感はあなたへのメッセージ!ついがんばってしまうあなたに知っておいてほしい一つのメッセージ

肩がすごくこったり、目がすごくつかれたり、風邪をひいてしまったり。

僕達はどこか身体に違和感を感じる時がある。

そんな時は「気のせい」と考えず、自分の身体のコンディションをしっかり感じることが大切だ。

なぜなら身体は「正直」だからだ。

身体に違和感がある時というのは、あなたの身体があなたに何らかのメッセージを伝えようとしているのだ。

このサインは無視し続けると、あとで大変なことになる。

今日のテーマは「身体のサイン」。ここ最近の僕の気づきをシェアしようと思う。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

体の違和感は無理しているサイン

僕のケースを紹介しよう。

僕はタスク管理をしているので、普段は仕事でのストレスがほとんどない。

そんな僕でも、ごくたまにストレスが溜まることがある。仕事でプレッシャーを感じた時や、特に仕事が忙しい時だ。

そんな時、僕の場合は身体のどこに異変が生じるか。僕の場合は「胃」にくる。

胃がキューっと締めつけられたような感覚になり、家に帰ってリラックスするまでそのように感じ続けることがある。

そしてこれが続くと「口内炎」ができる。

ようするに僕の場合、口内炎が出ると「けっこう、ストレスたまっているよ」と身体が僕にメッセージを送っていることになる。

実は僕がこの身体の法則に気づいたのはつい最近だ。

今思えば、以下の書籍を読んだことがきっかけかもしれない。

私に帰る旅
私に帰る旅

posted with amazlet at 15.06.27
岡部 明美
角川学芸出版
売り上げランキング: 438,339

岡部 明美さんについてはこちら↓

岡部 明美さんの本から、「身体は常にあなたにメッセージを送っている」ということに気づいたのだ。

身体のメッセージに気づき、早めに対処する

ストレスがたまると胃にきて、口内炎になる。

この法則に気づいてから、僕は体調管理(ストレス管理?)が上手くできるようになった。

口内炎ができたら、仕事のペースをゆるめる。がんばらない。よく寝る。

胃にやさしい食べものを食べるようにする。コーヒーを控える。

こんな感じで自分の生活をコントロールするようになった。

そうすると、重症化することを防ぐことができるというわけだ。

昔はこの法則に気づけず、無理を続けた結果、数日間寝込んだりしていた。

そう、自分の身体が発するサインに敏感になることは大切なのだ。

あなたにはどんな傾向があるだろうか。この機会に考えてみてはどうだろう。

まとめ

自分の身体に違和感を感じるようになったら。それは身体があなたに危機を伝えているサインだ。

そのサインに対し、僕達はあまりにも普段無頓着なのだ。

「なんか変だな」、「ちょっと疲れているだけさ」という感じで、軽く流してしまう。

しかしこれを続けていると、自分の身体のサインにどんどん鈍感になり、いつか倒れてしまう。そんな事態になりかねなのだ。

これは心も同じ。

もっと身体が発するサインに敏感になろう。

「嫌だ」、「やりたくない」、「腹が立つ」という心のメッセージにも敏感になろう。

身体と心が発するメッセージは、「たすけて!」というあなた自身の心の叫びなのだから。

ということで、参考にしてほしい!!!

だいぶ風邪がよくなってきた! いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの書籍はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 623
クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 155,784
私に帰る旅
私に帰る旅

posted with amazlet at 15.06.27
岡部 明美
角川学芸出版
売り上げランキング: 438,757

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック