最近僕が情報ダイエットをはじめていることは昨日のエントリーに書いた。

情報ダイエットはインプットを制限し、豊かな時間を過ごすことを目的としたものだ。

実は情報ダイエットを提唱している「週4時間だけ働く」では、テレビやフィクションの本を楽しみのために一時間みることはオッケーとされている。

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795

全てのインプットがダメなわけではない。リラックスしたり、楽しんだりと豊かな時間に繋がればいいからだと僕は理解している。

ということで最近僕はHuluに加入した。

映画をみることを習慣化したかったからだ。最近の気づきをシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

Huluに加入した経緯

Huluは簡単に言えば毎月定額を支払うことで、映画が見放題になるサービスだ。

映画だけでなく、アニメやテレビ番組なども見放題。

月額料金も現時点では本一冊を買う程度。今まで月に数冊本を買っていた僕からすれば、そんなに高い投資ではないので加入した。

Huluにした理由は、知り合いがHuluを使って映画を見てると聞いたからだ。

他にもいくつか同様のサービスがあるが、まずはHuluをトライすることにした。

現時点では登録して最初の2週間は料金が発生しない。気に入らなければ、その間にやめればいいシステムとなっている。

品揃えも思ったより悪くないというのが僕の感想だ。

「見放題」が習慣化を促進する

この「見放題」というのが僕には大きなメリットがある。

以前の僕は映画をみる時に店に行ってレンタルしたり、最近はiTunesでレンタルしたりしていた。

レンタルというシステムは実は習慣化の障壁になる。

映画は中身をみるまでおもしろいかどうかわからない。せっかくレンタルをしたのに、つまらなかったら損するなぁと思ってしまうのだ。

そうすると映画をみるのにかなり慎重になってしまう。そして結局映画をみないという結論になってしまうのだ。

しかし「見放題」の場合。

つまらなければすぐにみるのをやめればいい。いくらみても料金は変わらないからだ。

つまり、映画をみる心理的ハードルが一気に下がる。そのことにより、習慣化が促進させられるのだ。

習慣化には心理的ハードルを下げること

これは何かを習慣化したい時に大きなヒントになる。

何かを習慣化したい時は、その習慣化したい行動までいかにスムーズに入っていくかが大切なのだ。

そのために「儀式」を利用したりする。

心理的ハードルがあると、それはスムーズに行動に入ってくための「つっかえ棒」になるのだ。

だからこそ、その「つっかえ棒」を取り除く必要がある。

あなたも何かを習慣化したいのに、うまくいかないなら。何が習慣化を妨げる「つっかえ棒」になっているのか。

それを考えることで、その行動を習慣化することができるのだ。

まとめ

情報ダイエットはインプットを制限することで豊かな時間を過ごすことを目的としたもの。

だからこそ、楽しむ目的でテレビや映画を見ることは問題ない(ただし、一時間ね)。

そして僕はそれを早速実践すべく、Huluに加入した。

今は夜寝る前、映画をみてから眠りにつくようにしている。きっとこの習慣はこれから僕の心を豊かにしてくれるはずだ。

あなたはどんなことを習慣化したいだろうか。

ということで、参考にしてほしい!!!

マット・デイモンのファン いつでもスタオバより

今日のメッセージ:何かを習慣化したいなら、「つっかえ棒」をなくそう!

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします