習慣化に必要なのは「儀式」を作ること

昨日のエントリーではブログを習慣化させるための3つのコツについて書いた。

その中で「執筆モード」に入ることについて書いているが、これはタスク管理にも通じる点があるので今日はこの点についてもう少し言及しようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

決まった「儀式」をもつ

習慣化に役立つのは決まった「儀式」を持つこと。

ここでいう「儀式」とは、ある行動を起こすまでに決まった行動を行うこと。

例えば僕がブログを書く場合は以下の「儀式」が毎回行われているわけだ。

  • マクドナルドへいく
  • まずトイレへいく
  • コーヒーを頼む
  • いつもと同じ席へ座る
  • 携帯を取り出す
  • iPhoneアプリの「するぷろ」を起動する

この「儀式」を行うことで、気持ちが徐々にブログを書くことに向いていく。

そう。儀式をへて「執筆モード」に入っていくことが、確実にブログを書くことにつながっているのだ。

「儀式」は先送り防止に役立つ

タスクを先送りせずに確実に実行するために必要なこと。

それはタスクを着手するまでに思考を挟まないように工夫することだ。以前エントリーで書いたことがある。

目の前のタスクをやりたくない時には、僕達は何かしらの理由をつけてタスクを先送りしようとするものだ。

この点に関しては僕の脳みそも優秀だ。タスクをあまりにもやりたくないと、天才的な言い訳を考えつくことがある。

そこで先程の「儀式」を活用する。いつものお決まりパターンを行っていくことで、気持ちもそのタスクに自然と向いていく。

これは先日エントリーで書いた「勝ちパターン」と考え方は似ている。

そして自動的にそのタスクに入っていくことで、そのタスクに確実に入っていけるようになるのだ。

まとめ

ある行為を習慣化したい時。

そんな時は、その行為を着手するまでの行動をルーティン化してしまうこと。

自分の中でそのルーティン化した「儀式」を毎回行うことで、スムーズに習慣化したい行為を再現できるようになる。

では「儀式」をどのように作っていくのか。

それはそのタスクに一度でも着手できた場合は、その成功体験を再現することだ。

具体的な話については明日以降またエントリーで書いていきたいと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

マクドナルドでは素晴らしい音楽も流れている いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

<

div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”>

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック