「がんばらなくていい」の本当の意味は?心屋仁之助さんの本を全て読んだ僕がたどり着いた答え

「がんばらなくていい」とは、「自分がやりたいことを、がまんせずにやりなさい」。

そんなメッセージだということを、あなたは知っているだろうか。

僕自身はこの「がんばらなくていい」の意味を当初理解できなかった。だからこそ、自分なりの考えを以前エントリーに書いた。

でもここ最近。幸いにも、もう一段上の気づきを得ることができた。

心屋さんの書籍を全て読破した僕が、その意味について今日は書こうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

自分が生きたいように生きるということ

結局は、これに尽きるというのが僕の解釈。順番に説明していこう。

あなたが「がんばっている」状態とは、基本的に自然な状態ではないことをまず理解する必要がある。

何かに不安だから、がんばったりするのだ。例えば仕事が破綻するのが怖いから、残業をする。

そう。がんばっているということは、本当はやりたくないけど、何かに不安だから、何か損をしたくなくてやっているということ。

つまり、やりたくないことをガマンしてやっている状態を言うのだ。

心屋さんはこのやりたくないことをやる、ガマンするのがよくないと言っているのだ。

だからすごくまじめで、がんばってしまう人に対して「がんばらなくていい」と言う。

「ガマンしてまでやらなくていいんだよ」と伝えているのだ。

やりたいことは「がんばっていない」

それならテレビの前でポテチを食べながら毎日ボーッとしててもいいのかという疑問が生じると思う。

この問いに対する僕の答えは、「それがあなたの本当にやりたいことならオッケー」だ。

もう少し説明しよう。

僕達はきっと、一人一人やりたいことがあるはずなのだ。

僕は以下エントリーのように、気づいた。

自分と対話をしていけば、きっと誰にでも自分が本当にやりたいことがあるはず。

無い人は見つかっていない、あるいは見つけるつもりがないだけ。心屋さんはその前提で、説明している。

自分がやりたいことが見つかれば、それをやればいい。

そしてその自分がやりたいことをやる場合は、あなたは「がんばっていない」のだ。

なぜなら自分がやりたいことをやっている場合は、何かを恐れて、何かに不安でガマンしてやっているわけではないからだ。

つまり自分がやりたいことを一生懸命やっている状態は「がんばっている」わけではない。

自分が本当にやりたいことをやっていれば、それはがんばっているとは言わない。

だからこそ、「がんばらなくていい」なのだ。そのことに僕はようやく気づいたのだ。

まとめ

心屋さんの「がんばらなくていい」というメッセージに救われる人は多いのではないかと思う。

日本人にはがんばっている人がとても多いからだ。僕のまわりもみんなマジメで、いつもがんばっている人が多い。

がんばっている人からすると、救われる反面、「がんばらなくていい」の意味がわからない人が多いのではないか。

僕もはじめは意味がわからなかった。ダラダラ毎日ゲームをしててもいいということなのか?

そんな風に思ったりもした。

しかし僕の中で今は一つの答えがでた。それがこのエントリー。

要するに自分がやりたいことをやりなさい。がまんをしなくていい。

このメッセージに尽きる。

あとはいつも通り、少しずつ実験していくだけだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

体調が少しずつ回復してきた いつでもスタオバより

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,583
心屋塾 Beトレ DVD vol.27「折れない自信を作る」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 572,066
心屋塾 Beトレ DVD vol.33「がんばる」 (心屋塾Beトレ)
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 1,059,133

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック