心屋仁之助さんの「解決!ナイナイアンサー 魔法の言葉」に学ぶ!あなたが残業しないために必要なたった1つのもの

最近働きすぎだ。忙しい。どうしたら早く仕事を終えられるようになるだろう。

こういった悩みを持つ人は多い。

残業をなくすには、「先に決めること」だ。これは僕の経験から実感していること。

ではどうして忙しい人は「先に決めること」ができないのか。

今日はこのテーマでいってみたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

仕事が溜まって破綻するという「恐怖」

なぜあなたは残業してしまうのか。

それはあなたが「早く帰ると仕事が溜まってしまい、その結果とんでもないことが起きてしまう」。

そう思っているからだ。

そのメカニズムは心屋仁之助さんの「解決!ナイナイアンサー 魔法の言葉」にも書いてある。

ストレスとは我慢です。我慢しているから、自分の人生の壁にぶつかるのです。その我慢は恐怖から生まれます。それが「愛されない恐怖」、つまり「嫌われる恐怖」であり、それに伴う「痛み」「苦しみ」「悲しみ」などの不快な気持ちを受け入れたくなくて、人はいろいろなことを我慢するのです。

解決!ナイナイアンサー 魔法の言葉 (日テレbooks)
心屋仁之助
日本テレビ放送網
売り上げランキング: 92,944

この引用文では「嫌われる恐怖」と書いてあるが、考え方は同じ。

  • 仕事が溜まってしまう恐怖
  • 人に迷惑をかけてしまう恐怖
  • それによって会社のあなたに対する評価が下がってしまう恐怖

残業してしまう人はみんなこの恐怖という不快な気持ちを受け入れたくない。

だから残業をして仕事を片付ける。仕事をすることで、「安心」を手に入れる。

不快な気持ちを回避しようとするのだ。

しかし、それは「我慢している」ということ。なのでいずれ限界がくる。

がんばる。がんばる。がんばる。

この働き方はいずれ破綻するというわけだ。

必要なものは「勇気」

仕事の効率をあげれば残業は減ると考える人が多い。

だから仕事効率化に関するビジネス本が売れる。

しかし仕事が効率化しても。あなたの考え方が変わらない限り、残業は減らない。

なぜか。

仕事が効率よくできるようになると、あなたはもっと仕事を頼まれるようになるからだ。

だからこそ、先に決める「勇気」が必要になる。

仕事が溜まってしまう恐怖を感じた時、「ま、明日やれば何とかなるでしょ」と自分に言い聞かせて帰ってしまう「勇気」。

その勇気こそが、残業をなくすことができる唯一の鍵なのだ。

まとめ

人はなぜ残業してまで仕事をがんばってしまうのか。表面的にはたくさんの理由がある。

しかし、根本は同じ。「人から嫌われたくない」という恐怖。不安。ここに根底がある。

しかし大切なことは、「それは思い込みかもしれない」と気づくこと。

22時まで残業しなければならないと思ってても。18時に帰ってしまったら意外に平気かもしれない。

「いやいや、無理無理」ってあなたが思ってしまうのはわかる。

僕自身もそうだった。というか、今だってそうだ。

僕も忙しい時に帰ってしまうのは怖い。

でも僕は早く帰ると「決めた」から、勇気をだして帰るのだ。

あなたに必要なものは、仕事術の知識ではなく「勇気」なのかもしれない。

ということで、参考にしてほしい!!!

大丈夫。きっとうまくいくから! いつでもスタオバより

あなたにオススメなエントリーはこちら

あなたにオススメな本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

<

div class=”amazlet-box” style=”margin-bottom:0px;”>

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック