僕が実践する、仕事の最短ルートを見つけるための方法

先日書いたエントリーでがんばらなくてもなぜか仕事は回っていくという話を書いた。

僕達は仕事が溜まってくると1日の中に仕事を詰め込んで、当然のよう残業して「がんばろう」とする。

このサイクルは負のスパイラルを引き起こすことも先日のエントリーで書いた通りだ。

負のスパイラルでは仕事が回らなくなる。倒れるまでがんばり続けても、成果は上がらない。

しかし逆に「がんばらない」ことで、仕事が回っていき、成果もついてくるようになる。

ではなぜがんばらないと仕事が回るようになるのか。その理由の一つを今日は紹介しようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

時間が限られている時にこそ、頭はフル回転する

つい先日あらためて実感した話。

先日仕事である意思決定をしようとしていた。ある決定をするか、しないかの二択を選択しなければならない。しかもけっこう悩ましい問題だ。

通常なら慎重に判断するために、膨大にある資料を少なくとも斜め読みしてから、結論を出したと思う。

資料を読み、方針を検討する。その場合、僕の見積もりでは少なくとも1時間半はかかったであろう。

しかし、だ。「がんばらない」と決めた僕はその日の退社時刻を決めてから、タスク毎にかける時間を決めている。

その結果、他のタスクも考慮するとこの仕事には20分しかかけられないことが判明したのだ。

ということは。

この仕事に1時間半かけるなら、残業するか、明日以降も時間をかけてやっていくしかない。

しかし僕は残業で仕事のカバーをしないと決めている。「がんばらない」スタイルを身をもって実践しているからだ。

明日以降にこの仕事を持ち越したくなかった僕は、脳みそをフル回転させた。そこで僕はどうすることにしたのか。

見ていこう。

時間が限られているから、即決できる

結論から言うと。5分で結論を決めてしまった。

今日このタスクにかけられる時間は20分しかない。であれば、この仕事を20分で終わらせることはできないか。まずそう考えた。

その結果、僕がたどり着いた答え。

この案件は二択問題。直感的に答えを既に僕は出している。

であれば、90分かけて慎重に答えを導き出したとしても。結論は変わらないのではないか。そしていずれの結論を選んだとしても、大きな差はないのではないか。

そう考えることで、自分の直感をもとに5分で意思決定をすることができたのだ。

時間を区切るから最短ルートを導き出せる

僕自身が昔そういう働き方をしていたからわかるが、残業で仕事をカバーしていると、この感覚はわからないだろう。

「残業をすればいい」という気持ちはそれだけ、あなたの効率を奪っているのだ。あなたが気がつかないうちにジワジワとだ。

1日で働く時間を先に決めるから、タスク毎にかけられる時間が決まってくる。そしてタスク毎にかけられる時間が限られるからこそ、最短ルートをあなたの脳は探すようになるのだ。

そう。時間を決めるから、効率が上がるというわけだ。

まとめ

時間を区切るから効率が高まる。僕はこの考え方を吉越浩一郎さんから学んだ。

君はまだ残業しているのか (PHP文庫)
吉越 浩一郎
PHP研究所 (2012-01-07)
売り上げランキング: 22,907

この考え方に初めて触れた時の僕は。「そうは言っても、現実的に仕事が終わらない時はどうするんだろう」。そう思ったものだ。

今のあなたもそうかもしれない。

そう、仕事が破綻してしまったらどうしよう。きっと不安だと思う。怖いと思う。

でもこれは「勇気をだして」としか言えない。

少しずつでいいから、退社時刻を決めて残業を減らしていく。少しずつ実験していくしかない。

⚫︎やりたいと思ったことを無理なく実現するための方法 | いつでも スタオバ!!!

そして大切なことは、仕事が終わりそうにない時に残業でカバーしようとしないことだ。

この姿勢が大切。

これを続けてくれば、いい意味でがんばらない習慣がついてくる。僕自身の経験では、18時になるともう帰りたくなる。

どんどんがんばれなくなる(笑)

でもそれでいいのだ。その時には成果も挙がるようになっているはずなのだから。

ということで、参考にしてほしい!!!

最近どんどんがんばれなくなっていることを実感している いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリー

⚫︎「がんばらなければならない」という思い込みを上手に外す方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎全てを犠牲にして働き続けたその先にあるもの | いつでも スタオバ!!!

⚫︎タスク管理をより活かし、本当の意味でストレスフリーになるための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎「がんばる」をやめても仕事を進めていくための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎タスク管理をストレスなく続けていくための方法 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎残業は無くせないという「思い込み」を少しずつ消していく | いつでも スタオバ!!!

⚫︎「タスク管理は難しい」という思い込みをなくすということ | いつでも スタオバ!!!

⚫︎残業をなくすためには「がんばること」をやめる必要がある | いつでも スタオバ!!!

⚫︎時間があってもやりたいことが前に進まない理由 | いつでも スタオバ!!!

⚫︎サラリーマンがToodledoとiPhoneアプリ「たすくま」でタスク管理を始める方法 | いつでも スタオバ!!!

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック