「タスク管理は難しい」という思い込みをなくすということ

あなたのタスク管理に対するイメージをお聞きしたい。「複雑そう」、「めんどくさそう」、「マニアック」。

うーん、もう少しで「変態」って言葉が聞こえそうだから、ここでやめておこう。

でもそれは大いなる誤解である。僕は声を大にして言いたい。なぜか。

その一つの理由。それはタスク管理をしている人のほとんどが「自分は別にたいしたことをしているつもりはない」と思っていることに関係がある。

どういうことか、説明が必要だろう。今日はこのテーマでいこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

最初のハードルは「高い」

以前タスク管理の勉強会を実施した時に感じたこと。それは「タスク管理は最初のとっかかりが難しい」ということだ。

僕は自分のタスク管理手法をエントリーで公開している。

それを参考書的位置付けとして使いながら、その日は無料のタスク管理ツールのToodledoの設定をやっていったわけだ。

しかし皆さんがとても苦労していたのを覚えている。

タスク管理の導入は難しくない。僕自身はそう思っていた。しかし勉強会を開催してみて、そうでないことがわかったのだ。

特にToodledoは英語ベースのタスク管理ツール。これから始める人にとっては、ハードルが更にあがっていく。

そう。慣れない人にとってToodledoは複雑なツール。しかも英語!難しいと感じる理由は、十分あると思う。

でもちょっと待ってほしい。もう少し説明したいのだ。

行う操作自体はルーティンであり、単純であるということ

例えばあなたがiPhoneを持ってるとしよう。あなたは電話することと、メールをすること。これさえできればいいと考えてるとする。

その場合、iPhoneの操作が全て英語だったとして(メールの文は日本語の前提)。何か難しいことがあるだろうか。

電話の操作とメールの操作を覚えてしまえば。何かトラブルが起きない限り、同じ動作の繰り返しとなるのではないだろうか。

実はToodledoも同じだ。使いこなそうと思えば、様々な機能があるのは間違いない。しかし、少なくとも僕のタスク管理手法であれば。

一度やり方を覚えてしまえば、後は同じ操作の繰り返しに過ぎないのだ。頭を使う必要もない。

これはTaskChuteでも、たすくまでも同じ。あなたが望まない限り、そんなに難しい操作は求められてはいない。

そう。だから最初のハードルさえ抜けてしまえば。僕達が「大したことはしていない」と述べる理由をわかってもらえる。

僕はそう思っているのだ。

まとめ

ブログも全く同じことが言えると思うのだが、タスク管理は最初の導入が一番難しい。

そう。最初の環境を整えるのにエネルギーがいるのだ。そこには一定の気力と時間がいるのは事実。

しかし一度環境を整えてしまえば。ブログで言うならWordPressを導入してしまえば。

後必要となるものは。ブログのエントリーを日々書き続けるように。毎日タスク管理を続けていくことだけなのだ。

タスク管理ツールの操作なんて、同じ動作の繰り返しで十分となる。

だからこそ。もしあなたがタスク管理を始めたいと思うなら。すでにタスク管理を始めている人に教えてもらうのが一番だ。

そして僕がものくろさんにブログを教わったように、僕もいつかタスク管理を始める人達の手助けをしたい。

そしてそのプロジェクトは緩やかにスタートしている。それだけはここでお伝えしておこうと思う。

あなたに会えるその日を、僕はとても楽しみにしている。

ということで、参考にしてほしい!!!

朝のコーヒーはブラック いつでもスタオバより

関連エントリー

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック