忙しくても仕事の合間に休憩を取るべき理由

僕は休憩を90分に8分程取るようにしている。タスクシュートのルーティンタスクとして設定している。その効用を紹介しよう。
タスクシュートはこちら↓

頭をリラックスさせることで再び集中力が蘇る

連続して仕事をしていると一見ずっと集中して仕事ができていると感じる。しかし、人間はそんなに長時間集中できるようにできていない。

実は効率が落ちているのだ。これは休憩を取る習慣がつくとわかる。頭が働かなくなる感覚を感じれるようになる。

その感覚がわかってから僕は90分経ったら一度仕事を切り上げて外の空気を吸いにいく。そこでぼーっと数分するとすごくリラックスする。

そして再び仕事に戻っていくとかなり集中力が回復していることを感じることができる。この効果は大きい。

景色を楽しみ、ゆったりとした時間を味わう

僕は休憩の時ぼーっと景色も楽しんでいる。これが短い間だがけっこう楽しい。仕事中はずーっと集中しているので、ゆったりとした時間を過ごすことに幸福感を覚える。

平日の仕事の合間に幸せを感じる時間を数度交ぜることになる。ずーっと仕事だけしていると辛いので、僕はこの時間を気に入っているし、意識的に取るようにしている。


task

まとめ

僕達は忙しいのでどうしても仕事を詰め込みがちだ。でも忙しい中あえて休憩を取る。この習慣はとても重要だと思う。

確かにその時は8分時間を取られるかもしれない。でも、効率の観点では8分を必ず取り戻せるはずだ。

そして仕事の間、何回かはちょっとした楽しみがある。それだけでも休憩は取る価値があると思う。是非試してみてほしい。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック