TaskChuteユーザーの僕が、なぜ「たすくま」を使い始めたのか

プライベートではタスク管理はしないと豪語していた僕だったが、先日たすくまを購入してしまった。
なぜ「たすくま」だと、時間の記録が続くのか | いつでも スタオバ!!!

なぜ買ってしまったのかって?いや、別に衝動買いでは、、、ない。きちんと理由があるのだ。

今日はそのへんをきちんと説明させてほしい。ということで、このテーマで今日はいってみようと思う。

さぁ、今日もさっそくいってみよう!!!

広告

きっかけは、jMatsuzakiさんのセミナー

先日エントリーに書いたjMatsuzakiさんのセミナーがきっかけとなったのは間違いない。
あなたにも情熱を!jMatsuzakiさん主催「Class j vol.1」を受講したので共有しよう | いつでも スタオバ!!!

このセミナーで僕が学んだこと。それは、成果の80%を生み出す20%の重要な行動の時間を増やす重要性だ。この時間をjMatsuzakiさんは「第二領域」と呼んでいる。

jMatsuzakiさんはご自身で第二領域にかける時間を計測していた。そして第二領域にかける時間に比例して、成果が出るようになり、サラリーマンから独立を果たした。
2年半かけて第二領域の時間を増やし続けた結果、人生はどれほど変わったか? | jMatsuzaki

第二領域にかける時間を増やせば、大きな成果をあげられる。まさにその理論を、身をもって証明されたと言えるだろう。データに基づいていただけに、説得力があった。

この話で、僕自身も第二領域の時間を計測する必要があると感じた。そして第二領域の時間を計測するためには。僕の場合、仕事以外の時間であるプライベートの時間の使い方を把握しなければならない。

たすくまをなぜ使うようになったか。その理由はここにあるのだ。

TaskChuteとたすくまの使い分け

僕はサラリーマン。業務時間中はTaskChuteを使っている。
タスクシュートはこちら↓

TaskChuteでタスクリストを作って、タスクを上から順番に処理していく。その際、ログも同時に取っている。TaskChuteのおかげで、自分の行動が1分単位でモレなく記録されてるわけだ。

したがって、業務時間中のログはこれで完璧ということになる。他のツールを使用する必要がない。

そして、仕事以外の時間。たすくまが活躍するのはここだ。仕事以外の時間で、どれだけ第二領域の時間を確保できるか。これがポイントになるわけだ。

現在僕がどれだか第二領域の行動に時間をかけられているのか。それを把握するには、実際に計測してみるしかない。

そして、将来的にどれだけ第二領域の時間が増えたか。それを知るのも同様だ。だからこそ、たすくまでログを取っていく必要があるというわけだ。

そうそう、だったらTaskChute一本でいいじゃないかって?確かにそういうやり方もあるだろう。

僕の場合は、それは無理だ。行動が終わる毎にPCをイジイジしていたら、愛妻に激怒されてしまう。

それだけは、何よりも避けたい。スマホなら、なんとかこっそりやれる。大丈夫だ。

ちょっと脱線した。プライベートの時間に「効率化」を求めない。僕のこのスタンスは変わらない。
タスク管理は大切だ。でも「効率化」を忘れていい時間もあることは知っておこう | いつでも スタオバ!!!

第二領域の時間の把握にフォーカスするようになった。だからこそ、たすくまを購入したというわけだ。

まとめ

プライベートの時間に「効率化」を求めない。僕のこのスタンスに変わりはない。

しかし、第二領域の行動の時間を確保するのが大切であり、第二領域の時間を増やすには現在と今後の時間を知る必要が出てくる。

僕がたすくまを使い始めた理由はここにある。他のアプリよりもずっとログが簡単に取れるからだ。

第二領域の時間を増やしたい。そんなあなたも、まずはたすくまからタスク管理をゆっくり始めてはいかがだろうか。

第二領域の時間を増やすことができれば、もっと素晴らしい世界が待っているはずだからだ。

僕は一足先にそこにいかせてもらうことにしよう。ということで、参考にしてほしい!!!

今日は恒例の月例レッスンのいつでもスタオバより

タスクシュートに興味を持たれた方はこちら↓

関連エントリー

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 28,336
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 133,681

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック