なぜ「たすくま」だと、時間の記録が続くのか

プライベートではタスク管理をしないと豪語していた僕だったが、先日ついに話題の「たすくま」を購入してしまった。
TaskChuteはオフの時間にも使った方がいいのかという問い | いつでも スタオバ!!!

なぜか。それはおいおい説明するとして、使い始めてみると、TaskChuteユーザーの僕にはしっくりくるものがあった。全然違和感がない。

そしてやはりというか、たすくまを使い始めたらプライベートの時間ログが正確に取れるようになった。

なぜたすくまだと記録が続くのか。今日はこのテーマでいってみようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

そもそも「たすくま」とは何か

たすくまは、僕がタスク管理で愛用しているTaskChuteのスマホアプリ版と言っていいと思う。

Taskuma — TaskChute for iPhone — 記録からはじめるタスク管理
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

タスク管理をスマホでやりたい人。タスクリストを簡単に作りたい人。自分の行動のログ(記録)を取りたい人。

こういった人達にオススメのアプリだ。ちなみにTaskChuteに興味を持たれた方はこちら↓

これからタスク管理を始めたいという人は、末尾の関連エントリーで少しイメージを膨らませて、是非いずれかを購入してみてほしい。

「たすくま」だと記録が続く理由

たすくまと他のアプリの違い。その一つは、記録方法のとっかかりやすさにある。

タスク名を入力しなくても、とりあえず時間計測を始められる。この機能はシンプルだが、存在意義は大きい。

僕自身他のアプリをいくつか使っていたが、タスク名を入力してから計測を開始するものばかりだった。

しかし、タスク名を入力してからだと、急いでいる時に時間の計測をスタートできない。

ブログを更新している時に、リビングにいる妻から呼び出しがかかる。この時は何よりも返事の良さと、反応の速さが大切なのだ。

ここで、「わかったー。今いくー。」と言って、アプリを開いて、タスク名を入力して・・。そんな時間はないのだ。

数秒の差が、命取りになるのだ。

たすくまであれば、とりあえずアプリを起動して、ボタンを押しておけばいい。

この差は意外と大きい。時間の記録を継続するには、その連続性が大切だからだ(この話は次回以降、また取り上げる)。

妻からの呼び出しから戻ってきて、20分記録を取らずにいた場合。喪失感いっぱいのあなたが、その日再びログを取り始めることはないだろう。

まとめ

たすくま。我が愛しのTaskChuteの妹のようなアプリ。やはりというか、予想通り素晴らしいアプリだった。

その記録のしやすさが、あなたのログライフに大きな影響を与えるだろう。

TaskChuteの効用はわかった。でもちょっと手が伸びないという方。まずはたすくまで、タスク管理を始めてみてはいかがだろうか。

無機質なTaskChuteとは違って、かわいらしいくまのデザインは、あなたの心をも癒してくれるかもしれない。

明日からたすくまでタスク管理を始めるか、否か。決めるのは、あなただ。

ということで、参考にしてほしい!!!

でもやっぱりTaskChuteが好きいつでもスタオバより

関連エントリー

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 28,336
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 133,681

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック