なぜTaskChuteを使うと「今」に集中できるのか

目の前の大量の仕事の前で茫然としてしまう。そう、思考停止する。何から手をつければいいかもわからない。とりあえず一つ仕事に着手したけど他の仕事が気になって集中できない。

仕事をしているとこんな悩みをかかることがよくある。しかしTaskChuteを使えば、簡単にこの悩みを解消することができる(そもそもTaskChuteって何?という方はこちら↓)。
当ブログからTaskChute2を買っていただいたのでこの喜びを全力で表現するよ! | いつでも スタオバ!!!

なぜか。早速その理由を紹介しよう。さあ、今日もいってみよう!!!

今日中にやらなければならない仕事に集中できる

なぜ目の前の仕事に集中できないのか。その理由の一つは今自分が対峙している仕事が多すぎるからだ。今日やる仕事の他に明日やる仕事、一週間後にやる仕事、一か月後にやる仕事など今抱えているタスク全てと今自分は対峙している。

それは不安になるはずだ。タスクが多すぎて不安になるだろう。

しかしTaskChuteを使って今日中に取り組みタスクリストを作成してみよう。そうすれば対峙するタスクはTaskChuteに挙げられている今日中にやるべきタスクだけになる。

対峙するのが「仕事全部」から「今日やるTaskChuteに挙げられている仕事」に限定される。TaskChuteに挙げられていないタスクは明日以降に回せばいいと頭の中で捨てる。そうすることでまずTaskChuteに挙げられている今日のタスクに集中できるようになるというわけだ。

これでとりあえず「今日」に集中できるようになったというわけだ。

今やる仕事に集中できる

TaskChuteが「今日」に集中できる理由は上述の通りだ。次になぜ「今」に集中できるのか説明しよう。

TaskChuteでは、上から順番にタスクをこなしていけば今日の何時に帰れると教えてくれるところがある(下の画像の右上部分)。

task

この見通しが大切なのだ。「タスクを上からやっていけば大丈夫」という安心感があるからこそ、今やっている目の前の仕事に集中できるのだ。

ここが単なるタスクリストとの違いだ。単なるタスクリスト(例えば紙に書いたとしよう)の場合、「今日」に集中はできるが、本当にそのタスクリストに挙げられているタスクが全て今日中に終わるかがわからない。

そうすると、不安になる。目の前の仕事に取り組んでいても、「あの仕事も今日中にやらなければ」と「今」に集中できなくなるというわけだ。

まとめ

目の前の仕事に集中できるか否か。これは仕事の生産性に大きな影響を及ぼす。

僕らは日々大量の仕事を目の前にして、目の前の仕事に集中してガシガシ仕事をこなしていかなければならない。タスク管理は色んなやり方があるので、TaskChuteを使わなくとも目の前の仕事に集中して取り組むことはできるかもしれない。

でもTaskChuteを使えば、それがすごく簡単にできるのは間違いない。僕がTaskChuteをオススメする理由はそこにある。そもそもなぜタスク管理を行うのか。それはストレスなく、仕事をコントロールしたいからだ。

タスク管理をもうすでに実戦している人も、これからの人も是非TaskChuteを使って仕事でストレスフリーを味わってほしいと思う。サラリーマンこそ、使うべきだと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

やばい、ちょっと風邪気味ないつでもスタオバより

関連エントリー
サラリーマン×Toodledo×タスクシュート | いつでも スタオバ!!!
TaskChuteではタスクをし忘れることはないワケ | いつでも スタオバ!!!
TaskChuteを活用すれば日次レビューもうまくいく | いつでも スタオバ!!!
マルチタスクは生産性を低下させる。その解決方法は○○を作ることだ | いつでも スタオバ!!!
どこかに忘れ物をした時はTaskChuteに聞いてみる | いつでも スタオバ!!!
割り込みタスクは事前にTaskChute内に入れておく | いつでも スタオバ!!!
TaskChuteはオフの時間にも使った方がいいのかという問い | いつでも スタオバ!!!
タスクを詰め込みすぎないためには自分の可処分時間を知ろう | いつでも スタオバ!!!
正確なタスクリストを作るためにまず始めること | いつでも スタオバ!!!

参考書籍

クラウド時代のタスク管理の技術
東洋経済新報社 (2013-05-02)
売り上げランキング: 28,336
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 133,681

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック