最近TaskChuteを使わない時期があった。ある緊急プロジェクトの統括となり、フロアと端末を常に行き来する環境となったからだ。

常に様々なタスクを即断即決しなければならない環境であり、常に動き回るのでログを取る時間も取る意味もあまりない状況だった。

そんな環境であらためて感じたTaskChuteの意義および効果を紹介したい。

TaskChuteはこちら↓

ログを取り続けるので常にタスクリストをみれるというメリット

あまりに時間もなかったが、タスク漏れをおこしたくなかったので朝自宅でToodledoでタスクリストはザッと作成し、会社へはメールで送っておいた。
参考エントリーはこちら↓
サラリーマン×Toodledo×タスクシュート | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!
そしてタスクシュートは使わず、そのタスクリストを印刷して紙で管理した。しかしここで問題が発生する。紙のタスクリストだと忙しく走り回っていると確認するのをつい忘れてしまうことがけっこうあった。

そうすると帰る時に「あぁ、このタスクやり忘れた!」という悲惨な事態が起きる。

TaskChuteであればログを常に取り続けているので、常にタスクリストを見ることになる。タスクが消化できなかったという事象が発生することはあっても、タスクをやり忘れるという事象はまず発生しない。

task

ルーティンタスクを確実にこなせる

それでも重要なタスクはさすがに忘れないので紙のタスクリストでも致命傷は負わない。しかし、ルーティンタスクを完全に忘れてしまうことに気づいた。

例えば「1日一つ書類を捨てる」など重要だが緊急でないタスクを忘れる。これも致命傷こそ負わないが、やらないことで少しずつ影響が出てくる。

TaskChuteを使っている時ならタスクリスト通りただ目の前のタスクをこなしていけば、ルーティンタスクが消化されていく。その状態に慣れてしまうともうルーティンタスクを自力で思い出す気力すら出てこない。

まとめ

やはりTaskChuteは偉大だ。何と言ってもログを取るというシステムなので、常にタスクリストを見ることになる。タスクリストを見忘れるということが発生しない。

つまりタスクをし忘れるという事態が発生しない。タスクをやるかやらないかは全て自分でコントロールできるということだ。これは紙でタスクリストを作っている人からしたら画期的だろう。

タスクリストを作るなら、やっぱりTaskChuteだ。

参考書籍はこちら↓

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします