30分でタスク管理をはじめる3つのステップ–無料で使えるタスク管理ツール「Toodledo」を使ってみよう

現代のビジネスパーソンはあまりにもたくさんの仕事を抱えすぎている。

そしてそのたくさんの仕事を管理することに、あまりにも多くのエネルギーを費やしすぎている。

その結果、何が起きているのか。

目の前の一つの仕事に集中することが困難になり、著しく仕事の生産性が落ちている。

仕事の管理は、本来ツールに任せてしまえばいいことだ。

そうすれば目の前の仕事に100%のエネルギーを使うことができるようになる。

仕事の生産性は高まり、毎日ストレスなく仕事をこなしていくことができるようになる。

タスク管理は、これを可能にする。

それなら、タスク管理をはじめてみたい。

そう考える全ての人が、まず最初にするべきこと。

それは、自分の全てのタスクを ITツール(タスク管理ツール)に放りこむことだ。

なぜかって?

それは、仕事(タスク)の管理を、全てタスク管理ツールに任せるためだ。

タスクの管理はツールに任せて、頭は目の前の仕事にだけ集中する。

これが、生産性高く働く秘訣だ。

今日は「これからタスク管理をはじめたい」と考えてるあなたに向けて。

無料で使えるタスク管理ツールToodledoに、あなたの全てのタスクを入力する手順を説明する。

30分。多くても1時間あれば、あなたはタスクを頭で管理することから、解放されるだろう。

仕事があまりにも忙しくて困っているあなたには、間違いなくこの記事は一読の価値があるはずだ。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

ステップ1 無料で使えるタスク管理ツールToodledoに登録する

今日紹介するタスク管理ツールは、「Toodledo」というタスク管理ツールだ。

Toodledoはクラウドで使える。PCだけでなく、スマートフォンからでも使える、優れものだ。

一部の機能は有料となるが、大半の機能は無料で使えるので、迷うことはない。

名前とメールアドレス、バスワードを入力するだけ。以下よりすぐに登録しよう。

登録すると、以下のような画面が続くが、今の時点ではとりあえずひたすら「Continue」を押していけばOKだ。

Continue」を押し続けると、以下のような画面になったはずだ。

赤字部分はタスクの見本にすぎないので、タスク名横の□をタップ(画像の矢印部分)して、消しておこう。

ステップ2 タスクの追加方法を試す

これでひとまず準備は整った。

続いては、タスクを追加する方法を試してみよう。

タスクを追加する方法はとっても簡単。以下の画像箇所(矢印部)にタスク名を入力するだけ。

そうすると、以下のようにタスクが追加される(この例では、「タスク1」だ)。

Toodledoでは、スマートフォンからもタスクを追加することもできる。

その方法は、以下の記事を参考にしてほしい。

ステップ3 30分で全てのタスクをToodledoに入力する

タスクの追加方法を覚えたら、後はToodledoにどんどんタスクを追加していくだけだ。

あなたが今抱えているタスクを、全て把握することからはじめよう。

僕自身もToodledoを使ってタスク管理をしようと決意した時は、机の中のタスクに関する書類を全て机上に取り出し、ひとつひとつ、タスクをToodledoに入力していった。

大変だと思うかもしれない。しかし、実際にやってみると、30分程度でできるはずだ。

この30分が、人生を変える。

先行投資だと思って、ぜひ時間をとって、やってみてほしい。

いつでもどこでも、タスクを確認できる環境が整った

おめでとう。これであなたは、いつでもどこでも、やらなければいけないことが確認できるようになった。

PCであれば、Toodledoの 「All Tasks」から、全てのタスクを確認できる。

スマホでも、同じだ。

「次はどうするんだ」というあなたの気持ちはわかる。

でも、いきなり全部やろうとすると、疲れてしまう。

今日はここまでにしよう。

また続きは別の機会に書こうと思う。

どうしても待ちきれないというあなたは、以下の記事を読んでいってほしい。きっとあなたの役に立つ。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告