人生がつまらない。「絶望しかない」と感じた時に、素早く立ち直る方法

人生、生きていても、楽しくない。

毎日生きていて、つらい。

未来に希望を見出せず、絶望を感じる。

生きていると、こんな風に感じることも多いと思う。

これは決して珍しいことじゃない。僕だって感じることがけっこうあるし、誰だって感じる感情だ。

人間は基本的にこのように感じるようになっていると言っていい。

でも、だからといってこの辛い感情をそのままにして、つらい人生を送り続ける必要はない。

僕自身長年絶望の感情と付き合ってきて、ようやくたどり着いた回復法がある。

絶望を感じた時に、素早く立ち直る方法が見つかったのだ。

それは、自分の気持ちがワクワクすることを、毎日することだ。

「そんなありきたりなことか、、」とあなたは呆れるかもしれない。でも、まずはこの記事を読んでみてほしい。

人生に絶望するのは、自分の人生に未来を、希望を感じないからだ。

ワクワクすることをすれば、自分の人生に未来と希望を感じることができるようになる。

今日はワクワクすることの見つけ方を、僕自身の経験からシェアしようと思う。

今日も早速いってみよう!!!

広告

ワクワクする時と絶望する時の、「お決まりのパターン」

毎日ワクワクすることをしていると、毎日がとても楽しい。

たとえば僕の場合、趣味のブログで「こんな風に発信したら、うまくいくかもしれない」という感じで、仮説をたて、それを実行している時。

毎日が充実しているように感じる。

この「うまくいくかもしれない」という希望が大切なんだ。

希望を感じていると、これから人生がよくなっていくかもしれないという期待から、ワクワクしてくる。

そんな時は、1日がとても楽しい。

一方、人生がつまらないと感じる時。冒頭に書いたように絶望を感じる時は、ワクワクすることをしてない時だ。

そうなる時は、大体「何をやってもうまくいかない」と感じている時だ。

先程書いた「うまくいくかもしれない」と希望を感じ、実行する。それが「うまくいかない」と感じ、人生が詰まったように感じる時。

「またか」という感情とともに、絶望を感じる。

これが僕のお決まりのパターンだ。

でも、こうした自分のパターンに気がつくと、復活する方法も自ずとわかる。

僕の場合は、「トライ&エラーを繰り返すこと」ということになる。

僕の場合は、ブログで「こうすれば、うまくいくかもしれない」と希望を感じることができれば、ワクワクするわけだから、ひたすら試行錯誤を繰り返していけばいい。

トライしてみて、うまくいかない。それなら、また「次!」と進んでいけばいいということになる。

あなたがワクワクすることを見つけよう

ワクワクすることは、人によって違う。だから、あなたも自分がどんな時にワクワクするか。それは自分見つけなければいけない。

ワクワクすることがわからないって?

それなら、どんな時に「人生が楽しい」って思うだろう。思い返してみてほしい。それが、あなたのワクワクの源泉だ。

人生がつまらないと感じるなら。絶望しているなら。自分がワクワクすることを毎日することをこころがけよう。

そうすれば、人生に絶望する時間がグッと少なくなる。

人生が充実し、生きているのが楽しくなる。

今日の記事を読んでも、まだ絶望しかないなら。

まずはこちらの映画でもみて、人生に希望を感じてみよう。オススメだ。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告