忘れかけていた、大切なこと-ブログが書けなくなって、あたらしくはじめたこと

最近の僕の悩み。

それは、自分の思うように情報発信ができなくなってしまったことだ。

ブログを書きたいのに、書けない。そんな悩みに、再び直面している。

自分なりに分析をしてみると。

おそらくだが、自分が書くことに価値を感じられなくなっているからだと思う。

どうして価値を感じられなくなっているのか。

それは、どんなことを書けば、昔の僕のように長時間労働や「時間がない」と悩んでいる人の役に立つ記事を書くことができるのか。

正直、わからなくなってしまったことだ。

広告


その理由はハッキリしている。

それは、僕自身が今、仕事や時間の悩みから解放されて、あまりにも時間が経ちすぎてしまっているからだ。

正直、長時間労働や「時間がない」と悩んでいる人がどんなことに悩んでいるのか。想像することがどんどん難しくなってきている。

誤解しないでほしいが、自慢したくてこんなことを書いてるわけじゃない。

今の僕のこの悩みはけっこう深刻で、自分のブログの読者がどんなことに悩んでいるのか。どんなことを知りたいのか。

それが、わからない。

これは情報発信者としては「致命傷」だと僕は考えている。

そこで僕は考えた。

今こそ、初心に返らないといけない。

「タスク管理をこれからはじめたい」という人に向けて、役に立つ記事を書いていきたい。

そんな昔の気持ちを思い出すために。

今日から昔の自分のタスク管理に関する記事を読んで、それについて感じたことを書くことにした。

今日読んだ記事は、こちら。

この記事を読んでとても懐かしい気持ちになった。

この記事を書いてから6年以上経過している。

もう一度あの頃の気持ちで、タスク管理をはじめ、いろんなことを情報発信していきたい。

また気持ちをあらたに、がんばろうと思った。

今日からまた、「startover」だ。楽しみになってきた。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告