ブログは終わらせることを目的とすれば毎日更新できる

ブログを毎日書きたい。そう思う人は多いのではないでしょうか。

その気持ち、よくわかります。僕も昔そう夢みていたからです。

で、今の僕はそれができるようになっているわけですが、「そのコツは何?」と聞かれたら。それは「制限時間を設けること」だと思います。

広告

でも、簡単にはできない

たとえば「20分でブログを書く」と決めてしまえば、時間を確保することはできるはずですよね。はじめのうちは別に日記記事でもいいのですから。

それでもなかなかできないという気持ちもわかります。

「本当に自分は20分で書けるのだろうか」とか、「そんな自分の記事に価値があるのだろうか」とか、「そんな記事をアップするのは恥ずかしい」とか色々あるでしょう。

そんな声にお応えして、ここで一つ簡単、かつ、具体的なノウハウを提案しましょう。

ブログの文末に所要時間を書く

オススメはブログの最後に「所要時間20分」と書いてしまうことです。

最後に所要時間を書くことを決めておけば、タイムトライヤルのように「短い時間で書ききらなければいけない」と自分を追いこむことができます。

今まさに僕も時計を見ながらこの記事を書いています。早く書ききらないと‥。

とにかく終わらせることを目的とする

つまるところ、ブログを毎日書くために必要なのは、どこか「エイや」という気持ちでとにかく投稿してしまうことなのです。

多くの人が完璧主義です。

仕事で残業がなくならないのも本質的には同じなのです。とにかく仕事を終わらせることを目的として、終わらせてしまうことです。

ブログなら本来もっと簡単なはずです。上司はいないのですから。今日から是非試してみてください。

今日はこの辺にしておきましょう。それでは、また!

(所要時間17分!)

タスク管理、教えてます!

来年こそは自分の自由時間を増やして、やりたいことに時間を投資していきたいと思いませんか?

来年1月に二つの講座を開催しますので、よかったら一緒にタスク管理を学びましょう!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告