最近「20分ブログ」を提唱してから、ブログの更新頻度があがるようになった。

しかも「無理なく」だ。

なぜ無理なく、更新頻度を上げることができているか。もう少し掘り下げて書いてみようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

やはりFacebookの活用がカギ

20分ブログの場合、僕はブログのラフスケッチをFacebookで投稿するようにしている。

最初は単に習慣化の仕組みとしてそうしていたのだが、最近この習慣のもう一つのメリットを発見した。

Facebookに投稿することで、文章が長くならず、ラフスケッチが20分ブログにちょうどいい長さの文章になるのだ。

ようするに、Facebookの場合。無意識に「Facebookの投稿」という前提があるから、そんなに長く書こうと思わないのだ。

一方、ブログを書き始めるときは、そうはいかない。

ブログの場合、いくら書いても問題ないわけだし、むしろ長く書いたほうがいいと錯覚さえしてしまう。

そうするとどうしても、20分にまとめるのが難しくなってしまうのだ。

時間の制限があるから

僕の場合、以前から朝出勤前に一本ブログを書いている。

そして「20分ブログ」をはじめてから。

昼休みと、会社が終わった後にスタバでゆったりする時間を活用してブログを書くようにしている。

しかし。この時間はもとはと言えば、ゆっくり過ごすための時間だった。リラックスタイム。

だから実質的にこの時間の中でブログに使える時間は20分。多くて30分と限られてくる。

時間がこうして強制的に区切られるのは、20分ブログを書くには大きな条件だ。

パーキンソンの法則が働くからだ。

やはり時間があると、無意識に量を多く書こうとしてしまう。そうすると、ブログを書くハードルがあがり、継続できなくなる。

こういった事態を防ぐためにも、時間を制限することも極めて大切ということを実感した。

まとめ

20分ブログで更新頻度を上げるために大切なこと。

それはいかに20分でブログを書く仕組みを作るかだ。

仕組みがなければ、長期的に無理なく更新頻度をあげることは難しい。

そのためには、長く書きたくなる衝動をおさえ、いかに短くコンパクトに文章をまとめるか。

その手法を自分なりに模索していくことが望ましい。

僕の場合は、Facebookの活用だった。

さぁ、あなたはどうするだろうか。

ということで、参考にしてほしい!!!

無理をしないスタイル いつでもスタオバより

今日のメッセージ

ブログのエントリーをコンパクトにする仕組みを考えれば、ブログの更新頻度は上げられる!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレス (2013-06-21)
売り上げランキング: 163
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

いつでもスタオバってどんな人?

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします