なぜ「20分でブログを書く」と更新頻度があがっていくのか-タスク管理的見地から考える

先日開催されたものくろさんのグループレッスンで、「20分でエントリーを書いてみよう」という話があった。

僕のブログ友達のみっちゃんも早速実践し、効果を感じているようだ。

僕自身もその効果を強く感じはじめている。

なぜ20分ブログだと更新頻度があがるのか。今日はタスク管理の視点も交えて書いていこう。

さぁ、今日も早速行ってみよう!!!

広告

見通しが見えるということ

仕事でもそうだが、これから行おうとしていることにかかる時間の見通しが立っているというのは、絶大な安心感を人に与える。

自分としては気がすすまない、時間がかかりそうなタスクでも、プロジェクト化すれば取り組んでいける原理と同じだ。

ブログは書きはじめないと。どれくらい時間がかかるか、わからない。そう思うと、一気にエントリーを書く気がなくなってしまう。

「20分しか時間を取らない」と思うことで、エントリーに着手しやすくなる。

20分という見通しがあるから、ちょっとしたスキマ時間にブログを更新することもできるようになる。

だからこそ、ブログの更新頻度があがるのだ。

着手さえしてしまえば、更新できる

ブログを書くのに、一番苦労するのはどの時点か。

それは書きはじめの時だ。たいていの人は、ブログを書きはじめるまでが勝負。

ブログを書きはじめてしまえば、大概はエントリーを更新できるはずだ。

その理由は以下のエントリーを参考にしてほしい。

そう。5分でもいい。書きはじめてしまえば、かなりの確率でエントリーを最後まで書き上げることができる。

だからこそ「20分書けばいい」。

そうやって、ブログを書く心理的ハードルを下げることで更新頻度をあげることができるようになる。

まとめ

20分でブログを書く。

「それは無理だ」と思う人は、自分の中でブログのエントリーは「きちんとしたものを書かなければならない」と思い込んでいるのかもしれない。

しかしその思い込みのために、エントリーを更新できていない人が多すぎる。これはあまりにももったいない話だ。

それはあなたにどんなに知識があっても、エントリーを公開しない限り、それは0(ゼロ)だからだ。

エントリーの質との兼ね合いについては、書きながら考えていけばいい。エントリーを書いていくうちに、自然とあなたの切り口は磨かれていく。

そう。まずエントリーを書いてしまうこと。ここから全てがはじまるのだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

なんかしらんけど、眠いー いつでもスタオバより

今日のメッセージ

20分で書けるエントリーをとりあえず書き続けてみよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術
あかめ
秀和システム
売り上げランキング: 162,871
ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレス (2013-06-21)
売り上げランキング: 163

いつでもスタオバとは?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック