【スタオバのひとりごと】何かを習慣化するには「スイッチ」が必要-ブログを20分でエントリーするために必要な「スイッチ」とは

ブログを20分でエントリーすることを習慣化するために僕が考えた方法がある。

このエントリーの内容について、もう少し説明する。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

習慣化に必要な「スイッチ」とは?

習慣化には「スイッチ」が必要だと思う。

ブログのエントリーを20分で書くという習慣を作りたいなら、僕はFacebookにこうして投稿することをオススメする。

なぜか。

僕の場合、ブログの下書きを書こうと思うと、どうしても力が入ってしまう。その分、Facebookの投稿なら「気軽に投稿しよう」という気持ちになる。

そして投稿しようと文章を書きはじめさえすれば、実際には筆がどんどん進んでいく。そう、着手さえできれば、エントリーは書けてしまうのだ。

僕達が20分でブログをかけない理由は、実際に書きはじめないと、どんなエントリーを自分が書こうとしているのか、どのくらい時間がかかるのか、不透明だからだ。

見通しが不透明だから、ブログのエントリーの下書きを書こうという気持ちが湧かない。

Facebookの投稿を活用すれば、まず書きはじめることができる。そして同時に、Facebookの投稿だからブログのように見出しや長文を書こうとは思わない。

二つの面で有効なのだ。

だから僕は20分でブログを書くという習慣化のために、Facebookに一度投稿するという「スイッチ」を活用しようと思っている。

ということで、参考にしてほしい!!!

このエントリーも20分 いつでもスタオバより

こんなエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレス (2013-06-21)
売り上げランキング: 163
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

いつでもスタオバってどんな人?

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告