情報発信を継続することで、あなたらしさが磨かれる

ふと昔読んだ本を見返していたら、以前読んだ「知的生産の技術とセンス」に印象的な話がのっていたので紹介したい。

情報発信を継続することが、あなたにどんな効果をもたらすか。そんなテーマとなる。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

情報発信を継続することがもたらす効果

「知的生産の技術とセンス」では、音楽を副業で楽しんでいたジョナサン・クールトンというプログラマーの話が出てくる。

彼は週に一度、金曜日の午後までに必ず1曲、無料でウェブサイトに公表するというプロジェクトを開始した。

アウトプットを続けていくうちに、彼は次第に余裕をなくしていく。先週の曲と似ているなと思って、曲をアップすることもあったといいう。

しかし次第に彼が「似ている」と感じた曲の方が人気が出るようになる。このことについて著書は以下のように述べている。

ジョナサンの例は 、単なる 「努力すれば報われる 」という話として片付けるわけにはいかない側面があります 。それは 、アウトプットをやめずに蓄積することで 、 ①しだいに彼のアウトプットが彼の個性を開拓していったこと 、そして ②アウトプットに個性が増えるにしたがってそれを求めている人々が彼を発見した 、という 2点です。

これはブログによる情報発信についても全く同じことが言えると僕は考える。どういうことか、僕の考えを説明していこう。

自分なりの表現方法こそが、「個性」

ブログを続けていくことは、最高の自己探求だ。以前エントリーでその旨書いたことがある。

ブログを書いていくうちに、自分の軸が出来上がっていくのだ。そして自分の軸ができると、自分が説明しようとすることにオリジナルな切り口で表現ができるようになる。

つまりこれこそが、自分なりの表現方法ということ。そしてこれこそが「個性」だ。

同じネタについてエントリーを書くにしても、僕と同じ切り口でエントリーをかける人はいないわけだ。

つまり情報発信側の切り口に興味を持った人が、その情報発信者のファンになる。

こう考えると、あなたのファンを増やす方法はある意味シンプルだ。見ていこう。

自分軸を確立すること

そう。自分軸を確立し、オリジナリティを表現する方法を知ればいいだけなのだ。

僕達は同じ人間はいない。ということは、一人一人当たり前だが個性がある。

その個性をいかに表現するか。これこそが、大切なのだ。

そういう意味で、僕達はみな凄いのだ。そのことに気づいていない人が多すぎる。

実績がないと人気ブログになれないわけではない。例えば最近読んだ以下の書籍。

本書を読んだ限り、この著書は何か凄い実績を持っているようには見受けられない。でも僕は彼女のそのオリジナリティに、引き込まれてしまった。

「世界に一つだけの花」の歌詞ではないが、いかに「オンリーワン」になれるか。

世界に一つだけの花
世界に一つだけの花

posted with amazlet at 15.11.01
SMAP
ビクターエンタテインメント (2003-03-05)
売り上げランキング: 1,200

それこそが情報発信者のコツだと僕は考える。

まとめ

ブログで情報発信をしていくこと。

継続をせずに、やめていく人があまりにも多い。しかし僕はあまりにももったいないと思うのだ。

ブログを継続していくことで、あなたのオリジナリティは磨かれていく。それはブログに限った話ではなく、あなたの生きる指針にもなる。

ブログはそういった自己探求もしながら、あなたの人生を変革してくれる。最高のツールなのだ。

僕はそう確信している。だからこそ、これからもブログを続けていくだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

ブログを書いていたら、頭痛がなくなった? いつでもスタオバより

今日のメッセージ

ブログは継続するからこそ、オリジナリティがでてくる。

いつでもスタオバについて

こんなエントリーもいかがでしょう

あなたにおすすめ

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
インプレス (2013-06-21)
売り上げランキング: 2,054
モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術
あかめ
秀和システム
売り上げランキング: 198,708

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック