試してみて効果絶大だった!心屋仁之助さんから学ぶ、人間関係のストレスが一気になくなる方法

先日心屋仁之助さんの書籍を読んで衝撃を受け、全ての書籍を読んでしまいそうな勢いで読破している。

心屋仁之助さんの本を読んで学んだことはたくさんあるのだが、今回はサラリーマンなら「わかるー!」という内容について学びをシェアしたいと思う。

これから書く単純なことを実践して僕が得られた効果は以下の通りだ。

  • 「職場のメンバーを信用してもいいんだ」と思うようになり、メンバーを本当の意味で信じられるようになった。
  • 「楽して成果を出してもいいんだ、がんばらなくていいんだ」と思うようになり、より残業が減って成果を出せるようになった。
  • 「言いたいことを言ってもいいんだ」と思うようになり、言いたいことを言うようになって、ストレスが溜まらなくなった。

僕はどんな気づきを得て、ストレスフリーになったのか。今日のテーマは職場のメンバーを信じられるようになった編だ。

今日も早速いってみよう!!!

広告

ストレスフリーになるためには「〜すべき」という思い込みを無くす

あなたは「リーダーとして自分は発言に気をつけなければならない」とか、「リーダーとして自分は誰よりも仕事を多くこなすべきだ」と思っていたりしていないだろうか。

結論から言うと、こういった「〜しなければならない」、「〜すべきだ」という固定観念というか、マイルールを無くすこと。

これがあなたがストレスフリーになるために大切なことなのだ。

なぜかって?それを少しずつ説明していこうと思う。

あなたの「〜すべき」は自分を守るためのマイルール

例えば僕の経験を踏まえて説明しよう。僕は昔、職場で色々と傷ついたことがあった。

それからというものの、「職場のメンバーとは仕事だけの付き合いだ」と思うようになっていった。

「別にメンバーに好かれる必要はない。わかってもらおうとも思わない」。

そんな感じで、職場のメンバーと一定の距離を置くようになっていった。

つまり「職場のメンバーとは、一定の距離を置くべきだ」というマイルールを設定したのだ。

これは今思うと、自分を守るためのマイルールだった。自分がまた傷つかないように、一定の距離をあえて置くようにしたのだ。

簡単に言うと「拗ねてしまった」のだ。本当はメンバーと仲良くなりたいのに、別にいいやと。

そして月日は流れる。

そして「周りのメンバーを信用してもいいんではないか。心を開いてもいいんではないか」。そんな風に感じることができるメンバーと出会えた。

しかし問題は自分のマイルールだ。

一度決めたマイルールを変更することはかなり難しい。「また傷つきたくない」という思いもある。

どうしたらいいか悩んでいたその矢先。

僕の目の前に心屋さんの本が飛び込んできたのだ。そして僕の悩みはスッキリ解消されてしまった。

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

僕の心はどのように整理されていったのか。続きを見ていこう。

「自分が思うように生きていい」ということ

ここから先の話は心屋さんの本をじっくり読まないと理解が難しいかもしれない。僕なりに一生懸命説明しようと思う。

拗ねていた頃の僕。本音は「職場のメンバーから愛されたい」だった。そして当時の僕のマイルールはそれに役立っていたのか。考えてみたのだ。

シンプルに考えてみよう。他人と距離を置いている人を、あなたは好きになるだろうか。

そう。当たり障りない人には、あなたもそれなりの距離を置くはずだ。嫌われることも当然にある。

ではどんな人が人から好かれるのだろうか。それは、「個性的」な人だ。

ここでいう個性的な人とは、そのままのあなたという意味。「〜すべきだ」といったマイルールで身を守っていない、素のままのあなたという意味だ。

もう少し説明しよう。

人は強く傷つく経験をすると。同じように傷を負わないように、マイルールを作るのだ。マイルールという「鎧」で身を守るようになる。

本来「ある」あなたの個性が、鎧が増えれば増えれるほど。見えなくなっていくのだ。個性がどんどんなくなっていく。あなたの魅力がどんどんなくなっていくのだ。

僕は心屋さんの本を読んでこのことに気づいてから。自分もたくさんの鎧をつけていたことに気づいた。

「リーダーは強くあるべきだ」、「リーダーは発言に気をつけるべきだ」、「リーダーは人一倍がんばるべきだ」などなど。

こういった鎧(マイルール)に縛られず、自分がやりたいように、思ったように行動してもいいんだ。

そう思うようになったら、ものすごく心が軽くなったのだ。鎧がたくさんあった時は窮屈で仕方がなかった。

今はとても解放された、自由な気分を味わっている。あなたにも是非、この気持ちを味わってほしい。

そう思って今日はこのエントリーを書いてみたというわけだ。

まとめ

僕がタスク管理を始めた理由の一つ。それは可能な限り日々ストレスフリーに過ごしたかったからだ。

人生において仕事に費やす時間は多い。その時間中、いかにストレスフリーになれるか。これは自分の人生をいかにストレスフリーに生きるかに、重要な影響を及ぼす。

そしてタスク管理と同じくらい。自分の心の持ち方について勉強することは大切だと思う。

なぜなら世の中はお金があれば幸せとか、そんなシンプルなものじゃないからだ。自分の今の人生をどう捉えるかで、僕達の人生は180度違ってくる可能性がある。

僕にとっての幸せ。

それは穏やかな気持ちでストレスなく日々過ごすこと。どうやったらそんな日々を過ごせるか。たくさんの本を読み、ずっと探し求めてきた。

そしてようやく最近。心屋さんの本を読み、少しずつ自分なりの答えが見つかりつつある。

今日紹介した考え方は心屋さんの考え方の一部でしかないが、目から鱗だったので紹介した。

心屋さんの書いていることを本当の意味で理解できれば、すばらしい世界が待っている。そんな気がして僕はとてもワクワクしている。

あなたも興味があれば是非読んでみてほしい。いつものように僕は一足先に行かせてもらうことにしよう。

ということで、参考にしてほしい!!!

心の勉強もこれからしていこうと思っている いつでもスタオバより

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう

あなたにオススメ

「好きなこと」だけして生きていく。
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 343
光と影の法則 完全版

光と影の法則 完全版

posted with amazlet at 15.05.06
心屋 仁之助
経済界
売り上げランキング: 15,669
心屋仁之助の「奇跡の言葉」2
心屋 仁之助
経済界
売り上げランキング: 12,846

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック