もうやめたいその習慣をやめるために必要な思考とは?

あなたにはやめたい習慣はあるだろうか?

例えば同僚と連日のように仕事帰りに飲みに行ってしまう。パチンコで時間とお金を浪費してしまう。

ストレスがたまると、こういった気晴らしに使う時間が増えてくるものだ。そしてあなたはきっとこういった時間をなくしたいと思っているはず。

僕も以前はそうだった。そしてある手法で、やめたい習慣をなくすことができた。参考にしたのはこちらの心屋さんのDVD。

心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

それではどうしたら僕はやめたい習慣をやめることができたのか。今日はこの内容について書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

なぜそれで時間を浪費してしまうのか考える

なぜあなたは飲み会やパチンコについ行ってしまうのか。

それは溜まったストレスを解消したいからだ。

例えば仕事中長い時間緊張して一生懸命がんばってきた反動で、体が「リラックスしたい」と声を上げているのだ。

僕の場合、こうなると胃がモヤモヤしてくる。症状は人それぞれだろう。

僕の場合、ゲーム、マンガ、ギャンブルに時間を費やせば、胃がスーッとするのは事実だ。あのスッキリ感はハンパない。

しかし僕はこういった時間を極力なくしたいとかねてから思っていた。一時的に胃がスーッとしても、結果的に疲れてしまったり、ムダな時間を過ごしたように思えてしまうからだ。

では僕がどのようにこういった時間を減らしていったか。

みていこう。

別の時間をつかみに行く

僕の場合。胃がスーッとする別の時間をつかみに行った。

やめたい習慣に費やす時間を、スタバでゆっくりコーヒーを楽しむ時間に代えた。

例えばあなたがパチンコに行きたいという衝動に駆られたとする。その場合はパチンコが終わった後に胃がスーッとなることを期待しているわけだ。

そう。あなたの目的はパチンコをしたい訳ではない。胃をスーッとした状態にしたいわけだ。

であれば、他に胃がスーッとすることを見つけ、そこに同じ時間を費やせばよい。

例えば喫茶店でコーヒーをゆっくり飲んでみて欲しい。ボーッとリラックスしてほしいのだ。

僕の場合、これは大成功だった。やめたい習慣をやりたいと思ったら、代わりにスタバに行ってコーヒーを飲めばいい。

それだけで自分がやめたかった習慣をやめることができたのだ。

まとめ

やめたい習慣。あなたにもきっとあるはずだ。

そのやめたい習慣を単にやめようとすると、それは体が求めていることであり、簡単にはやめることはできない。

この場合、体が何を求めているかを追求していくことが大切だ。その習慣自体を求めているのか、それともリラックスすることを求めているのか。

大概は後者になる。であれば、代替手段を考えよう。他にリラックスできる方法を考えるのだ。

それだけで、あなたは素晴らしい時間を手に入れることができる。そして同時にやめたい習慣をやめることができるのだ。

別の時間をつかむということ。是非お試しいただきたい。

ということで、参考にしてほしい!!!

スタバも大好き いつでもスタオバより

今日のメッセージ:やめたい習慣に変わる習慣に時間を費やそう!

オススメのエントリーはこちら

オススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

成功者の告白 (講談社+α文庫)
神田 昌典
講談社
売り上げランキング: 871

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック