人から大切にされないのは自分がきちんと言ってないから-勝間和代さんの「断る力」から学ぶ媚びない技術

あなたが「自分は人から大切にされない」と思ってるなら、その原因はあなたにある。

僕達は自分の扱い方を人に教えているのだ。

例えば相手に対して言いたいことを言わず、グッとガマンする。

そうして「いい人」を演じるから、あなたは相手にとって「都合がいい人」になるのだ。

あなたが相手に大切にされることを望むなら、今の逆の行動を起こすことだ。

そう。「ちゃんと言う」ことだ。

そうするととんでもないことが起きると思ってないだろうか。

確かにとんでもないことは起きる。しかし、良い面でだ。

僕自身の経験もふまえて、今日はそんな話をしよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

僕達は自分の扱い方を人に教えている

あなたは自分が言いたいことをきちんと普段相手に言えてるだろうか。

家族や友人はもちろん、取引先や上司に対してはどうだろう。

仕事や評価を失うのが怖くて、言いたいことが言えない。ついグッと飲みこんでしまう。

そんな人も多いと思う。

その結果、「相手から大切にされない」。そんな不満をあなたは持っていないだろうか。

この問題を解決するヒントが、最近久しぶりに読んだ勝間和代さんの「断る力」に書かれていた。

私たちが相手からどのように対応して欲しいか 、取り扱ってほしいかは 、私たちの言動が相手に教えているということです。例えば 、私たちがおどおどと自信なげに 、しかも相手に媚びると 、自然と相手は私たちよりも上位に位置づけられ 、上下関係になってしまいます 。そのため 、上意下達で命令する 、ということはあっても 、対等なパ ートナ ーとしてみなされなくなってしまうでしょう

そう。あなたが相手に対して言いたいことを言わないから、相手とあなたとの間で上下関係が作られてしまうのだ。

あなたが「いい人」でいるから、あなたは相手にとって「都合がいい人」になってしまうという仕組みだ。

「ちゃんと言う」と、癒える

僕自身も今思えば「いい人」でいようとしていたように感じる。

基本的には言いたいことはハッキリ言うタイプだが、大学時代体育会に所属していたこともあり、「上司は絶対」という価値観を持っていた。

また、重要な取引先に対しては「会社に迷惑をかけられない」と思い、言いたいことをグッと飲みこんできた。

しかし最近僕は「ちゃんと言う」と決めたのだ。

自分の考えに自信があるのなら、きちんと話をすればいい。説明すればいい。

その結果、相手がそれを受け入れなければそれはそれで仕方ない。考え方が違うということだ。

しかしこれはやってみるとわかるが、ちゃんと言うと自分が「癒える」のだ。

相手の反応という「結果」はそれほど重要ではない。

自分が自分自身を大切にしたという気持ちが生まれ、ものすごくスッキリする。

僕の場合は、相手の反応も変わってしまった。

そういう意味で普段言いたいことをガマンしている人は、ちゃんと言おう。自分の常識の逆をいくのだ。

それはとても勇気がいることだ。しかし、その勇気を出さなければ相手のあなたへの扱いは変わらない。

取引先も上司も人間としては対等なのだ。あくまで売る側と買う側という立場が違ったり、役割が違うだけ。

あなたがガマンして下の立場になる必要はない。勇気を出して、言いたいことを言ってみよう。

僕自身が体験したように。きっと意外な反応が相手から返ってくるはずだ。

自分がスッキリする。相手が予想外の反応をする。

この経験を体験することで、自分に対する本当の自信が生まれるのだ。

まとめ

僕達は自分の扱い方を人に教えている。

自分が「いい人」になれば、相手にとっては「都合がいい人」になる。

だからこそ相手に自分を大切にして欲しいなら、相手に対して自分の考えをきちんと伝えなければいけない。

その結果は重要ではない。

自分をきちんと守ってあげられた。その体験こそが最大のメリットとなる。

ちゃんと言えた時にものすごくスッキリするのはきっと自分の心が喜んでいるからだ。

自分を守ってあげられたこと。自分の考えを自分自身が支持してあげたこと。

自分を大切にできない人は他人を大切にできないし、他人からも大切にされない。

だからこそ僕達は自分の心にしたがって生きることが大切になるのだ。

思ったことは、ちゃんと言おう。

そこからあなたの人生は好転していくはずだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

ほんとスッキリするよ! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

大切にされていないと思う相手には、勇気出してちゃんと言ってみよう!

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

断る力 (文春新書)
断る力 (文春新書)

posted with amazlet at 16.04.20
勝間 和代
文藝春秋
売り上げランキング: 15,426
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
勝間 和代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 319,422

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック