今うまくいってないなら、あなたの常識の「逆」をいけばいい

今日Facebookのタイムラインに流れていたこちら↓のエントリー。おそらくサラリーマンなら、みんな共感してしまう内容だ。

僕は共感しながらも、やっぱり自分の仮説は正しいと感じた。僕の仮説については昨日のエントリーを見ていただきたい。

やはり自分が恐れていることをすることが、心を解放するカギだということだ。

どういうことか。昨日のエントリーの補足として、今日も書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

あなたの常識の「逆」をいく

僕もそうだったのだが、デキる人になりたい人はデキる人に見られるように、がんばる。

人に弱みをみせない。弱音を吐かない。人から心配されても「大丈夫です」。

そう。全部自分でやろうとする。

この状態の何が問題なのか。それは今あなたもそう感じているように、生きててしんどくなってくるのだ。

自分で気づいていないだけで、あなたの身体には相当な負担がかかっていると考えてよい。

たくさん無理してるから。ガマンしているから。本当は言いたいことを言わず、やりたいことをやらず。

自分の中に全ての感情を押しこんでしまっている状態。

その押しこみが強ければ強いほど、いつか強く反発する。それが冒頭にあげた方のエントリーのようなケースだ。

デキる人に見られることに執着していると、ずっとがんばり続けなければならなくなる。それがしんどい。

この苦しみから解放されるにはどうしたらいいのか。それが今日のテーマなのだ。

僕が至った結論。

それは今のあなたの常識の「逆」をいくことだ。どういうことか、説明していこう。

デキない人を目指してみる

まずあなたに質問しよう。デキる人に執着するあなたは、なぜがんばる?

デキない人に見られるのが怖いからではないだろうか。デキない自分は嫌われると思って、不安だからでは?

「そんなことできないの?」、「そんなこと知らないの?」と言われるのが怖い。

図星のはずだ。そしてあなたはもう、がんばることに疲れはじめている。しんどいと思ってきているはずだ。

そんなあなたは、デキる人に見られる執着を手放す必要がある。ではどうしたらいいのか。

それは今までのあなたの常識の「逆」の行動をとること。

職場の人に弱音を吐いてみる。仕事を丸投げしてみる。助けを求めてみる。

知ったかぶりをやめて、「知らない」って言ってみる。他人が困ってるのを見て見ぬふりをしてみる。

そうすると何がおきるか。こんなこと↓がおきる。

新しい世界が開けるのだ。もっと楽してもいい。そして人がやさしい世界。

デキないあなたでも、嫌われない。バカにされない。そんな確信が持てるようになる。

それが「折れない自信」と言われるものだ。

これを手に入れると、あなたの心は解放される。がんばらなくても、「大丈夫」。

そんな感覚を手に入れることができる。こんな↓感覚を手に入れることになるかもしれない。

僕もきっかけは、心屋さんの本に出会ったことだった。

この本に出会ったことで、僕の人生は本当に変わってしまったと今なら言えるだろう。

まとめ

世の中のビジネス本に書かれている成功法則はある意味ほとんどが「常識的」なことだ。

常識的な方法は、安心できる。僕もその安心感に乗っかって、がんばってきた。

それで上手くいく人はそれでいいのだ。でもその方法で上手くいかない人もいる。

そんな人は一度、今の常識の逆を試してみる必要があるのかもしれない。

それは怖いことかもしれない。いや、あなたの常識の逆の行動を取るのだから、それはかなり怖いはずだ。

でも今までのやり方で上手くいかなかったのなら、それは何かを変えなさいというサインなのかもしれない。

冒頭のエントリーの方のように、怖いところから勇気をだして飛びこむということ。

それが執着を手放して、自由に解放されるカギ。

少しずつでもいい。勇気をだして、怖いことに挑戦していく。

その先に光がきっとあるはずだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

缶コーヒーで当たりがでたぜ いつでもスタオバより

今日のメッセージ

自分の常識の「逆」の行動を、勇気だしてやってみよう!!!

いつでもスタオバってどんな人?

こんなエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ!

心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

心屋塾 Beトレ DVD vol.27「折れない自信を作る」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 335,605
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック