「がんばってるのに、うまくいかないな」。そんな風に思ったら、読んでみてほしいエントリー

昨日夜スタバでいつものようにキャラメルスチーマーを飲んでいたら、最近ずっと考えていたことをアウトプットしたくなった。

そしてそのままFacebookに書き込みをした。

今日はその書き込みに少し手を加えて、いつものエントリーとは違うスタイルでお届けしようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

昔の僕はがんばるスタイルだった

昔の僕は吉越浩一郎さんに憧れて、がんばって働いていた。

自分に厳しく、人に厳しく。即断、即決。効率重視。結論から言え。そんな感じ。

昔の僕は今よりもっと傲慢で。まわりの人を無能だと思ってたのか、「自分が組織をなんとかしなきゃ」と、いつも焦ってた。

早く実績を出したかった。だからムリをして、がんばっていた気がする。そしてそれは結果的に、自分で仕事を増やすことに繋がっていた。

自分で仕事を増やすから余計忙しくなって、ルーティン業務が回らなくなったり、変なミスをしたりする。

他にも判断能力を高めたかったので、何でも「自分で決めなければならない」と意気込んでいた。まわりに相談することを甘えだと思っていた。

しかし当時は経験が足りない。結果的に判断を誤ったりして、みんなに迷惑をかけたりした。

そう。早く一人前になりたかったから。自分に厳しくと、がんばってきた。

がんばってたからうまくいかなかったのかもしれない

しかし最近ふと思う。「逆」だったんじゃないかと。

がんばってたから、当時うまくいかなかったのかもしれないなと。

なぜか。今ほとんど「逆」のことやってて、とてもうまくいっているからだ。

自分にやさしくしてるから、人にやさしく接することができる。

実績を出そうと力んでないから、自分から仕事を増やすことがない。その分時間のゆとりができる。そうすると、仕事の質も高まる。

ゆとりがあるから、好きな仕事で他のメンバーに貢献しようという気持ちが生まれる。

人に甘えられるようになったから、仕事がスイスイ進む。

今はすごくいい状態で毎日過ごせているのだ。

それは昔がんばったから?

「昔がんばったから、今があるのでは?」という人もいるかもしれない。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。僕は今、そうではないと思うのだ。

例えば僕はタスク管理が得意だが、これはがんばってたから身につけたスキルとはいえない。

もともと仕事の効率化が好きなので、自分が「がんばらないスタンス」だったとしても、タスク管理ははじめていたように思う。

だからこそ、思ってしまう。

昔の自分が、「がんばらないスタンス」で生きていたらどうなっていただろうか。妄想してしまう。

そして妄想をした末に行き着く結論というか、仮説。

それはがんばらない、他力のスタイルのほうが、結果的に人生うまくいくのではないかということ。

なお、僕の中での「がんばる」の定義はこちら。「サボる」とか、「手を抜く」と必ずしも同意義ではないので注意してほしい。

ただ、どちらの道を選んだとしても、今の僕にたどり着いているとは思う。だから後悔はしていない。

ただ、がんばるという「イバラの道」を選ばない。そんな選択肢があったのかもしれないなと、ふと思うのだ。

がんばるスタイルでいくのか、がんばらないスタイルでいくのか。それはその人が選択をしていいわけだ。

でも昔の僕はその選択肢がなかった。がんばることが「正しい」と思っていたから。

だからこそ昔の僕と同じように苦しんでいる人には、「イバラの道」以外にも、選択肢はあるんだよ。

そんなことを伝えることができたらいいな。そんな風にふと思った夜だった。

ということで、参考にしてほしい!!!

金曜はやっぱりワクワクするぜ! いつでもスタオバより

今日のメッセージ:がんばらないという道も、あるんだよ!

こんなエントリーはいかがでしょう

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
心屋塾 Beトレ DVD vol.27「折れない自信を作る」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 335,605
心屋塾 Beトレ DVD vol.37「お金 その2」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 255,357

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック