あなたの「問題」は一瞬で解決する!「問題」が生じるメカニズムを知ろう

あなたは日常で、イラっとすることが多いタイプだろうか?

もしそうだとすれば、このエントリーはあなたにとっていいニュースになる。

このエントリーを読めば、あなたはこれからグッと感情を飲みこんで、ガマンしたり、家でスイーツをヤケ食いする機会が格段に減るはずだ。

そう。今日はイラッとした時、すなわち自分に「問題」が生じたときに、自分の気持ちを一瞬で落ちつかせる方法をシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

あなたの「常識」と「現実」の関係を知る

どうして僕たちはイラっとするのだろう。

それはあなたの「常識」と目の前に現れる「現実」にギャップがあるからなのだ。

例をあげよう。

朝出勤したら元気よく挨拶するのが「常識」とあなたが思っていたとしよう。

そこであなたの後輩が朝から挨拶もせず出勤してきた場合、あなたはイラっとするのだ。

これがあなたの問題を作り出すメカニズムだ。

あなたの「常識」と、目の前の「現実」が違う時、あなたの目の前に「問題」が現れる。

昨日の僕のケーススタディ

あなたの問題を作り出すメカニズム。これを理解すれば、イラっとした気持ちを切り替えるのはそうむずかしくない。

僕が昨日直面したケースを紹介しよう。

僕は今、定期購読している雑誌がある。毎月決まった日に自宅に雑誌が届けられるようになっている。

契約は一年単位(解約しなければ自動更新)。

例えば4月に契約した場合、5月に解約したとしても3月までは雑誌が届くことになる。

最近もうこの雑誌は読んでいなかったので、自分としてはずいぶん前に解約したつもりだったが、今になってもまだ家に雑誌が届く。

もし解約手続きが適切にされていなければ、また一年分契約が自動更新されてしまう。

そこで僕はその雑誌を発行している会社に電話してみることにした。女性が電話に出たので、聞いてみた。

「僕はいつまで契約していますか?解約手続きは適切になされていますか?」

その女性の回答は「あなたはA社を通じてご契約しているので、こちらではわかりません」。

「え?だってそちらが発行している雑誌なのに、どうして顧客がいつまで契約しているかわからないの?」

僕の頭の中の声だ。いかんいかん、僕は気持ちを切り替える方法を知っているんだった。

そして次のような手順で自分の気持ちを切り替えたのだ。みていこう。

その「〜べき」をなくす

こういう時は、自分の前提となっている考え、すなわち「常識」を探すのだ。具体的には「〜べき」という自分の考えを探す。

先程のケースで言えば、「自社が発行する雑誌の契約状況は自社で把握しておくべき」。

これが僕の「常識」なわけだ。しかし「現実」はそうではない。だから僕はイラっとしたわけだ。

でもこれはあくまで僕の常識。雑誌業界では自社で把握しないのがむしろ常識かもしれない(いや、知らんけど)。

ようするに、自分の「〜べき」という考えをなくせばいいのだ。自分に「その考え(〜べき)がなければ、どんな気持ちになるか」、問いかけるとよい。

「自社の雑誌の情報は自社で把握すべき」。この考えがなければ、「あ、この会社はそういうシステムなのね」。そう思って終わりだ。

別にイラっとすることはないというわけだ。

そう。怒りの仕組みがわかってしまえば、切り替えることも簡単にできる。

ぜひ試してみてほしい。

まとめ

僕たちは自分たちの「常識」を知らぬ間に形成している。

そして自分の「常識」と目の前にあらわれる「現実」にギャップがあると、問題が生じ苦しむことになる。

しかし怒りが発生するメカニズムを知っていると、大抵のことはイラっとしてもすぐに気持ちを切り替えることができる。

一方、僕の経験上、根が深い問題はすぐに解決することはできない。こればかりはワークを通じて自分と向き合っていく必要がある。

問題は常に自分が作り出しているということ。そして考え方が変わればいつでもその問題が解決すること。

このことを知るだけで、あなたの人生は大きく変わってあく。

ワークを通じてあなたも自己探求してみよう。そうすればあなたの心は自由になれる。

ということで、参考にしてほしい!!!

でも悲しみたい時は全力で悲しんでもいい いつでもスタオバより

今日のメッセージ:自分の「〜べき」という考えをなくしてみよう!

こんなエントリーもいかがでしょうか?

あなたにオススメの本はこちら

ザ・ワーク 人生を変える4つの質問
バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 16,810
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
私に帰る旅
私に帰る旅

posted with amazlet at 15.08.13
岡部 明美
角川学芸出版
売り上げランキング: 289,659
もどっておいで私の元気!―気づきのノート (ゼンブックス)
岡部 明美
善文社
売り上げランキング: 48,424

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック