脱線せずに予定通り仕事をこなすためにはどうしたらいいのか?

タスク管理、TaskChute、Toodledo。僕が日頃愛用している言葉たち。

そんな言葉達にはある共通点がある。そう。それは「タスクリスト」だ。

僕は仕事において、タスクリストを作ることをずっと提唱してきている。

それはなぜなのか。今日もその理由の一つをあなたにお伝えすることにしよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

タスクリストは「レール」になる

僕達の仕事は無限にある。仕事中に行わなければならないタスクは複数におよぶ。メールチェック、企画書を作る、経費精算。

ネットサーフィンなどの誘惑も含めれば、僕達が仕事中に行う行動は数えきれないほどあるわけだ。

そんな中、あなたは一つのタスクを終えるたびに「次はどの仕事をやろうかな」と脳のエネルギーを悠長に使っているというのだろうか。

タスクリストにあるタスクを上から順番にこなしていくだけの僕からしたら、「え、そんな毎回数値入力せずに、Excelのマクロ使ったら?」という感じだ。

タスクリストは電車のレールに例えるとわかりやすい。

レールの上を電車が走っていけば、いつの間にか目的地にたどり着いているように。タスクリストがあれば、その通りにタスクをこなしていけば、その日の仕事が終わってしまうのだ。

そしてもう一つ効果がある。みていこう。

レールがあるから、脱線しない

企画書を書いていたのに、「ポーン」とメール通知がきたのでメールチェックをはじめてしまう。気づいたら34分経過。

あなたはそんな脱線を仕事中に繰り返していないだろうか。

一度作業を中断すると元の状態に戻るのに16分ほどかかるというデータもある。これが正しいとすれば、果たしてあなたは一日何分を失っているのだろう。

あなたが脱線する理由。それはレールがないからと言える。

やることが多すぎる僕達は、少なからず混乱しているのだ。もはや頭だけでは、どのタスクにどれくらい時間をかけたらいいのか。判断はできないと言っていい。

だからこそ、ある種の現実逃避行動として僕達は脱線してしまうのだ。

しかしレールが敷かれていればどうだろう。

僕達はレールに沿って歩いていけば、ゴールにたどり着けることを知ることができる。だからこそ、現実を直視して脱線せず、歩いていけるのだ。

そう。別にがんばらなくても、仕事は勝手に進んでいくというわけだ。

まとめ

タスクリストは電車のレールと一緒だ。電車がレールに乗って、確実に目的地にたどり着くように。

タスクリストというレールの上を僕達が走っていけば、脱線せずに仕事を確実にこなしていくことができるようになる。

レールがなければ僕達はあまりの多くの仕事に目を奪われ、まっすぐゴールに向かうことはできないのだ。

そう。タスクリストがあるからこそ、最短ルートで確実に仕事をこなしていくことができる。

そして僕達にはTaskChuteという最強のタスク管理ツールがあるのだ(興味がある方はこちらから↓)。

もう頭で仕事を管理しようとするのはやめようではないか。

ということで、参考にしてほしい!!!

明日は娘の運動会 朝早いのだよ いつでもスタオバより

今日のメッセージ:タスクリストを作れば、脱線がなくなる

こんなエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメの本はこちら

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
2分以内で仕事は決断しなさい
吉越 浩一郎
かんき出版
売り上げランキング: 248,495

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック