タスクを確実にこなしていくために知っておくべき知識

僕達の脳のエネルギーは起床した時から消費され続けている。だからこそ、思考力を要する仕事は午前中にやったほうがいい。夕方はエネルギーがないので、頭を使わなくてすむ作業系の仕事をする。

仕事にかかわらず、今の僕の生活の行動基準はこの考え方が前提となっている。

この考え方は佐々木正悟さんのエントリーから学んだ記憶がある。過去のエントリーを探してみたら、以下のエントリーが見つかった。
面白いし役に立つ『ファスト&スロー』 | シゴタノ!

タスクを確実にこなしていくために必要なこと。それは今回エントリーに書く知識を理解し、1日の行動計画を練ることだ。

さぁ、今日もいってみよう!!!

広告

エネルギーがある午前中に何をするかが勝負を分ける

僕たちは起床直後に脳のエネルギーが一番豊富に溜まっている。そして、起床直後から、だらだらしていようが、ブログを書こうが、エネルギーを消耗している。

脳のエネルギーは多ければ多いほど、消費量が多い行動を実行に移しやすい傾向にある。まずこの考え方を知っておくことが重要だ。

脳の消費量が多い行動とは何か。例えばブログを書く。新しく始めたランニング習慣。クリエイティブな仕事。こういった類の行動だ。

こういった類の行動は実行するのにエネルギーがいることは誰もが実感してると思う。

だからこそ、こういった行動は起床直後に行うのがベストとなる。少なくとも午前中に実行するのが望ましい。

1日の行動計画を立てる時に午前中に何をするか決めること。これがタスクを確実に実行するコツというわけだ。

脳はエネルギーが少ない状態ではタスクを「先送り」する

逆に夕方に近づき、脳のエネルギーが乏しくなってきたらどうなるか。

エネルギーが枯渇してくると、脳はエネルギーの消費を抑えようとする。したがって、僕達は通常この時点ではエネルギーの消費が大きい行動は行えなくなる。

夜の8時に今年の年間計画を練ることを考えてみてほしい。ノートを開いた瞬間に目を閉じてしまいそうだ。

そう、このタスクはほぼ確実に「明日行き」だ。先送りされる。

では脳のエネルギーが乏しい時間帯は何をするのがいいのか。エネルギーを使わないタスクを実行しよう。

経費精算、映画をみる、ブログチェックなどだ。こういった作業なら、苦なくできるだろう。先送りされる可能性は低くなる。

夕方はエネルギーを使わないタスクを実行する。これが充実した夕方を過ごすコツというわけだ。

無理をしすぎると、破綻する

夕方になってもエネルギーを使う仕事をひたすらやっているという人もいるかもしれない。

実際僕も一時期深夜の時間帯にブログを書いたり、無理にエネルギーを使う仕事をエネルギーがない状態で実行したことがある。

これは不可能ではない。しかしこの行動をやり続けるとどうなるか。そう、破綻するのだ。

エネルギーを枯渇した状態でエネルギー消費が大きい行動を実行すると、必ず後で反動がくる。

深夜にブログを書けば、眠りは浅くなる。次の日の午前中のエネルギーが乏しくなる。さらにそれを続けていくと、体を壊したりするわけだ。

無理をしてはいけない。頑張りすぎてはいけない。その理由がお分かりいただけただろうか。

まとめ

人間の脳のエネルギーは起床直後から消費が始まっている。そして、脳のエネルギーが多ければ多いほど、多くのエネルギーを使いやすい。

この原則を知った上で1日の行動計画を立てること。これがタスクを確実にこなすコツだ。

そしてこれは仕事に限らず、生活(ライフ)にも言えることだ。

僕もこの原則を知ってから有意義に日々過ごせるようになった。

皆さんも今日1日、どんな風に過ごしたらいいか考えてみてほしい。

ということで、参考にしてほしい!!!

スタバではホットココアのいつでもスタオバより

関連エントリー

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック