今週も週次レビュー!久しぶりに開催した個人セッション他

今週も恒例の週次レビューをブログで公開!

このエントリーは毎週1週間を振り返る大切な習慣だ。ちなみに先週の週次レビューはこちら↓

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

今週の振り返り

今週の自分の日次レビューの内容を一部公開!

久しぶりに個人セッションを開催

今僕は限られた人を対象に、個人セッションを開催している。

セッションでは僕のタスク管理の手法をお伝えしたり、セッションを受ける人から質問を受けたりしている。そしてこのセッションが自分にとってはとても充実した時間になっている。

受講者の役に立てることがまずうれしいし、何より自分のファンでいてくれる方がどのようなことに日頃悩んでいるのか知ること。

これがとても大切だと、僕は実感しているからだ。なぜか。

それは僕が受講者から受けるだろうと想定している質問と、実際に受ける質問にまだまだギャップがあるからだ。

自分のブログのファンがどのような内容を知りたいと思っているのか。どのような悩みを解決したいと思っているのか。

それを知ることで、より人の役に立てるようになる。この取り組みは引き続き続けていきたいと思っている。

新しいスタイルのカフェに惹かれて

子育てをしていると、子供が起きている時間にゆっくりコーヒーを飲む時間はなかなか確保できない。

しかし最近「親はほっと、子はわくわくする」というテーマで新しくカフェができたということで、早速行ってみた。

それがyori cafeだ。

阪急門戸厄神駅より徒歩3分と、駅から近いのが魅力的。

子供が遊ぶスペースがあり、子供はワクワクと遊んでいる。その間、僕と妻はゆっくりコーヒーを楽しむ。小さい子供を持つ親には助かるスタイルのお店だ。

そしてもう一つ、僕がこの店に行きたかった理由がある。それはここのオーナーに興味を持ったからだ。きっかけはオーナーのブログだった。

自分で事業を一からはじめられたということ。そして以下のエントリーを見て欲しい。

そう。他力で事業をやっていこうというスタンス。これぞまさに存在給ではないだろうか。

たまたま機会があってお話ししたところ、オーナーは以前NPOで仕事をされていて、NPOの時から何かを実現する時に周りの方の力を借りて、一緒にそれを実現していくスタイルだったとのこと。

ブログを読むと、様々な人に応援されながら事業を起こしているのがわかる。そして店をオープンする過程をブログに書いていることで、自然と応援したくなる気持ちになる。

大きな目標を描いて、他人に共感してもらいながら、他人の力を上手に借りてその目標を一緒に実現していく。

個人的には大きなヒントをもらった気がした土曜日だった。

小冊子は昼休みに書く・・

先週も書いたが、最近小冊子を少しずつ書いている。

書いている時間はというと、基本的には会社の昼休み。昼休みは1時間とっていて、ごはんを食べる時間を除くとフリータイムは45分程度。

45分フルに使うと疲れてしまうので、20分くらいぼーっと休み時間を取ることを考えると、小冊子を書く時間は1日20分くらいだ。

次にある時間。仕事を終えてスタバでボーッとする時間30分程度。そのうち半分くらいを執筆に時間にあてると1日書けてもせいぜい40分という計算となる。

うーん。とにかく当面はこのペースで書いていこうと思う。無理をせず、マイペースに。これこそが大事だ。

慣れてきたら増やしていくつもり。

今週のエントリー

今週のエントリー。見逃した方はこちらからどうぞ。

まとめ

個人セッションに、小冊子。すごい緩やかなスピードではあるが、やりたいことを少しずつ実現しているし、その手応えを感じている。

焦らず、この成長の時間を楽しんでこのまま前進していこうと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

プロフィールを充実させたぜ いつでもスタオバより

こんなエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメ!

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 852
君はまだ残業しているのか (PHP文庫)
吉越 浩一郎
PHP研究所 (2012-01-07)
売り上げランキング: 28,426
心屋塾BeトレDVD vol.24 「子育て」
心屋仁之助

売り上げランキング: 290,430

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック