心屋仁之助さんの「どうしても許せない人がいるときに読む本」から学ぶ!自分を縛るマイルールから解放され、ハッピーに生きるためのたった一つの方法

今日は昨日のエントリーの続きだ。

僕達は自分達が思っているよりずっと、「〜すべき」、「〜べき」、「〜してはいけない」という価値観(思い込み)に縛られている。

その植えつけられた価値観に気づくことができれば。

あなたは自分にもっとOKを出すことができる。その結果、ハッピーになれる。

昨日書いたエントリーの内容はそんなところだ。

ではどうしたらあなたは自分を縛る価値観に気づくことができるのか。今日はその方法について、書いていこうと思う。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

知らぬ間に作られた「マイルール」

まずは心屋仁之助さんの「どうしても許せない人がいるときに読む本」から一文を引用しよう。

仕事・人間関係 どうしても許せない人がいるときに読む本
心屋 仁之助
中経出版
売り上げランキング: 9,732

僕達は自分が「ダメな自分」になって嫌われないために、自分に対してたくさんの「禁止」をしています。

「〜してはいけない」というタブーをたくさんもっているのです。(中略)自由が制限されて、窮屈で、居心地が悪い。

だから、ものすごくイライラします。そして、このイライラがまわりにも飛び火して、あなたの中のタブーを破る人にもイライラムカムカしてしまう。

「許せない!」と感じてしまうのです。

「〜すべき」、「〜べき」、「〜してはいけない」という価値観はあなたの中の「マイルール」。禁止事項なのだ。

  • 傲慢になってはいけない
  • 人の悪口を言ってはいけない
  • 感情をあらわにして人に怒ってはいけない

僕達は人に嫌われないように。自分の身を守るために。いつの頃からか、自分の経験をふまえ、こういったマイルールを形成してきているのだ。

自分でも気づかないうちに、だ。

そしてあなたのマイルールに違反した人に対して、あなたはイライラするのだ。

そう、これがあなたの価値観を見つけ出すヒントになるのだ。

みていこう。

イライラから判明する「マイルール」

例えば「プライベートを犠牲にしてでも、仕事はがんばらなければならない」。

そんなマイルールをあなたが持っているとしよう。

あなたがバリバリと仕事をしている中、定時に部下が「お先に失礼します!」と帰っていったら。

あなたは間違いなくイライラするはずだ。

そう、自分がイライラしたときこそ。あなたが自分のマイルールを知るチャンスなのだ。

他に例をあげれば。

  • 自分が思ったことを自由に発言しているように見える人にイライラしたら。あなたは「言いたいことを自由にいうべきではない」というマイルールをもっている。
  • 部下が上司であるあなたに助けを求めてきた時にイライラしたら。あなたは「仕事は人に甘えず、自分で完結すべきだ」というマイルールを持っている。

そう。イライラした時に「なぜ自分はイライラしたのか」と考える習慣を持てば、あなたは自分の価値観、マイルールに気づくことができるのだ。

気づいたらどうしたらいいのかって?よろしい。

みていこう。

たった一つの方法は、自分を「許可」するということ

同じく、心屋さんの書籍から引用だ。

そのイライラを止めるためには、まず自分を許してあげることです。自分に禁止していることを「いい」に変えてあげる。

「〜していいよ」、あるいは「〜しなくていいよ」と、タブーから自分を解放してあげるのです。そうやって「ダメな自分」も認めてあげる。

この引用文がそのまま答えになる。

特に、「ダメな自分」も認めてあげるというところがミソだ。

僕達はいつも理想的な自分を求める。だからこそマイルールを作るわけだ。

でも僕達は人間。ダメなところ、汚いところもたくさんあるわけだ。それを否定しようとするから、マイルールを作る。自分を縛る。

その結果、どんどんストレスが溜まっていく。いつまでたっても、あなたは自分のことを好きになれない。

そうではなくて、ダメな自分も受け入れる。ダメな他人も受け入れる。そうすると、心がすーーーっと楽にならないだろうか。

僕達はダメかもしれないけど、同時に素晴らしい存在なのだ。この話の詳細はこのエントリーでは触れないけど、このことは大切なので頭に入れておいて欲しい。

だから僕達はダメなところを受け入れていい。どうせ「すごい」のだから。

ダメな自分も。アイツも受け入れる。そうすることで、あなたはもっともっとハッピーになれるというわけだ。

まとめ

「〜すべき」、「〜べき」、「〜してはいけない」。

この価値観、マイルールをいかに無くしていくか。あなたがストレスフリーでハッピーに生きていくには大切になる考え方だ。

その一つの手法として、イライラした時に自分がなぜ反応したのか。考える。

イライラしたということは、あなたがイライラしたその相手はあなたの「マイルール」を破ったことを意味するからだ。

そしてマイルールを認識したら。「〜してもいい」とマイルールを犯すことを許可してみる。

そうすることで、あなたの心はあなたのマイルールという鎖から解放されるだろう。ストレスが激減していくはず。

それを続けていけば、あなたはストレスフリーとなる。そして人生がハッピーになる。そういうことだ。

ということで、参考にしてほしい。

ダメな自分を認めることに関しては一流となった いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,105
未来は、えらべる!
未来は、えらべる!

posted with amazlet at 15.06.14
本田健 ダリル・アンカ バシャール
ヴォイス
売り上げランキング: 3,299
マンガでやさしくわかるNLP
山崎 啓支
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 4,067
マンガでやさしくわかるNLPコミュニケーション
山崎 啓支
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 13,716
心屋仁之助の「ありのままの自分」に○をつけよう (王様文庫)
三笠書房 (2014-05-15)
売り上げランキング: 10,305

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック