他人に嫌われないことより、自分の「したい」を優先する生き方を貫きはじめてから、感じることがあります。

それは以前よりもまわりから「愛されている」「認められている」と感じるということです。

昔の僕は以前にも書きましたが「すごい人」を目指していました。

自分が憧れていた人のように。例えば吉越浩一郎さんのように。

みんなから「すごい」と認められる人。そんな人になりたくて、一生懸命がんばっていました。

「欠乏感」が募っていった日々

自分がこの組織を何とかしなければならない。そんな風に勝手に使命感を感じ、勝手に仕事を抱えこんで、あまり人に頼らず仕事をしてきました。

今思えば他人に「すごい人」と認められるためにがんばっていたのだと思います。結果(実績)を作ることに躍起になっていました。

結果を作ればきっと人は自分のことを「すごい」と認めてくれるはず。それだけを頼りに、毎日朝早くから遅くまで働いていました。

自分がやったことが会社に表彰されたりと、自分なりに満足がいく結果も出せました。

しかし不思議とまわりから認められている実感は得られませんでした。むしろ今振り返れば募っていったのは「欠乏感」。

「どうして自分はこんなに一生懸命働いているのに、誰も認めてくれないのだろう」。

自分としては一生懸命働いているのに、誤解されて批判されることもけっこうありました。

「認められていない」、「愛されていない」という欠乏感。

一方で。この時期は自分から見たら無能と思える人、がんばって働いていないように見える人。

そんな人達が自分より「認められている」、「愛されている」と感じることが多かった。これが不思議であり、理不尽とも感じていました。

心屋仁之助さんとの出会い

その理不尽さ、そして欠乏感に苛まれている最中にたどり着いた本が心屋仁之助さんの本でした。

この本を読んだ時、ものすごい衝撃を受けたことを覚えています。

心屋仁之助さん(以後「仁さん」)と僕のバックグラウンドが似ていたこと(いわゆる大企業で働いていたこと)。

僕と同じように、人に認められたくて仕事をがんばっていて。でもずっと認められていないと感じていて。毎日辛いと感じていた。

そんな人が「がんばらない生き方」を実践したら、「人生が好転した」と書いていたのです。

仁さんの文章にものすごく共感するとともに、今までのやり方に限界を感じていた僕は「仁さんを信じてみよう」、そう強く感じたのです。

理屈ではなく、今までのやり方に限界を感じていたからこそ、「信じてみよう」と思えたのだと思います。藁にもすがる思いだったのかもしれません。

もし自分がその時点で「自分の人生がうまくいっている」と思っていたら、仁さんの理論は受け入れられなかったと思います。

だって今までの生き方の真逆だから。自分の生き方を否定されたように感じるからです。

モーレツにがんばって、結果を出そうとする「がんばる生き方」と、その真逆の心屋式「がんばらずになんかしらんけど結果が出てしまう生き方」。

そう。全く真逆の理論、生き方だからです。

がんばっていた昔より今の方が「認められている」と実感できる理由

「がんばらない生き方」を実践している今のほうが、がんばっていた昔より他人から「認められている」、「愛されている」と実感する理由。

それは「ありのままの自分」が認められる経験をしているからだと思います。

自分ががんばっている時は、例え人から認められても自分の中に認められる根拠が存在するのです。

「がんばっているから、認めてもらってる」と思うわけです。

一方「がんばらない生き方」で人から認められると、認められる理由が「ありのままの自分」になるのです。

「〜したから認められる」のではない。ありのままの僕で生きているからこそ、認められる。

これを実感すると、今までよりずっと「認められてある」、「愛されてる」と深く実感するのです。

わがままに生きている自分を許してくれるみんなに、ただただ感謝するのです。

人は「厳しい」から人は「やさしい」に世界の見え方も変わります。

そうして「ありのままの自分」でも、認められる経験をした今だからこそ、昔僕が目指していた「すごい人」が幻想であることに気づくことができました。

そのことについては明日以降書いていきます。

今日からあなたにできること

何でも自分でやろうとせず、人に頼ってみよう!

□□ワークショップ情報 □□
2018/5/19(土) 13時〜 
「リスク0(ゼロ)で人生を変える秘訣」
くわしくは画像をクリック!

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 3,268
がんばらない成長論
がんばらない成長論

posted with amazlet at 16.06.12
心屋仁之助
学研プラス
売り上げランキング: 4,078
心屋塾 Beトレ DVD vol.27「折れない自信を作る」
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 644,107

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします