「他人から認めてもらえない」と欠乏感を感じるのは、あなたが「がんばる」から-真逆の「がんばらない生き方」を試してみたら、世界の見え方が変わった話

他人に嫌われないことより、自分の「したい」を優先する生き方を貫きはじめてから。感じることがあります。

それは、以前よりもまわりから「愛されている」「認められている」と感じる、ということです。

昔の僕は「すごい人」を目指していました。

自分が「この人、すごい!」と憧れる人達みたいになりたくて。

みんなから「すごい!」と認められる人になりたくて。

一生懸命がんばっていました。

でも、自分が思うようにまわりから認めてもらえない。

その一方で、自分から見て、たいしたことのない人。

がんばっていない人が、自分よりまわりから評価されているように感じました。

「どうして自分はこんなに一生懸命働いているのに、誰も認めてくれないのだろう」。

いつもそう感じ、孤独感に苛まれていました。

それが、ある日からふと読んだ本の影響を受けて。

「がんばらない生き方」を実践してみたら、まわりから「愛されている」「認められている」と感じるようになったのです。

今までずっと他人から認められるために。毎日必死にがんばってきました。

その時は全然感じることができなかったまわりの愛が、「がんばらない生き方」で手に入ってしまったのです。

まさに、衝撃でした。

今日は昔の僕と同じように、「まわりから認めてもらえない」と苦しむあなたに。

人生が好転するヒントをお伝えできたらと思います。

そんな思いから、僕の体験をシェアします。

広告

ただ「欠乏感」が募っていった日々

昔の僕は、「自分がこの組織をなんとかしなければならない」。

そんな風に勝手に使命感を感じ、勝手に仕事を抱えこんで。

あまり人に頼らず、仕事をしてきました。

今思えば、他人に「すごい人」と認められるために。

必死になって、がんばっていたのだと思います。

結果(実績)を作ることに、躍起になっていました。

結果を出せば、きっと人は自分のことを「すごい」と認めてくれるはず。

それだけを頼りに、毎日朝早くから遅くまで働いていました。

最終的に、自分がやったことが会社に表彰されたりと、自分なりに満足がいく結果を出すことができました。

しかし不思議と、まわりから認められている実感は得られませんでした。

むしろ今振り返れば募っていったのは「欠乏感」。

「どうして自分はこんなに一生懸命働いているのに、誰も認めてくれないのだろう」。

そう感じる日々が、ただ続いていくのでした。

自分としては一生懸命働いているのに、誤解されて批判されることもけっこうありました。

募っていく、「認められていない」「愛されていない」という欠乏感。

その一方で。

この時期は自分から見たら「無能」と思える人。がんばって働いていないように見える人。

そんな人達が自分より「認められている」、「愛されている」と感じることが多かったです。

このことをとても不思議に感じ、「あまりにも理不尽だ」と怒りを感じていたりもしました。

今の生き方に限界を感じて、生き方を変えようと決意

その理不尽さ、そして欠乏感に苛まれている最中に、たどり着いた本が心屋仁之助さんの本でした。

この本を読んだ時、ものすごい衝撃を受けたことを覚えています。

心屋仁之助さん(以後「仁さん」)と僕のバックグラウンドが似ていたこと(いわゆる大企業で働いていたこと)。

僕と同じように。人に認められたくて、仕事をがんばっていたこと。

でもずっとまわりから「認められていない」と感じていて。毎日「つらい」と感じていたこと。

そんな人が「がんばらない生き方」を実践したら、「人生が好転した」と書いていたのです。

仁さんの文章にものすごく共感するとともに。

今までのやり方に限界を感じていた僕は「仁さんを信じてみよう」。そう強く感じたのです。

理屈ではなく、今までのやり方に限界を感じていたからこそ。

「信じてみよう」

そう、思えたのだと思います。

ちなみに、もし自分がその時点で「自分の人生、うまくいっている」と思えていたら。

仁さんの「がんばらないほうが、人生うまくいく」という理論は、受け入れられなかったと思います。

なぜなら、仁さんの「がんばらない生き方」は、今までの自分の「がんばる。がんばる」という生き方の真逆の生き方だからです。

「生き方を変えよう」と思っていなかったら、自分の今までの生き方を否定されたように感じたはずです。

それまでの自分のモーレツにがんばって、結果を出そうとする「がんばる生き方」。そして、その真逆の心屋式「がんばらずになんかしらんけど、結果が出てしまう生き方」。

これらは全く真逆の理論、生き方ですよね。

今までの「がんばる生き方」に限界を感じ、「このままでは幸せになれない」と絶望したからこそ。

「生き方を変えてみよう」と決意できたのだと思います。

藁にもすがる思いだったのかもしれません。

やってみたら、世界の見え方が変わった。

不思議なことに。

「がんばらない生き方」を実践している今のほうが、昔がんばっていた頃より他人から「認められている」「愛されている」と感じます。

どうしてかと考えてみると。

きっと、「ありのままの自分」が認められる感覚があるからだと思います。

がんばってた時は、たとえまわりから認められても。自分の中に認められる「根拠」が存在するのです。

がんばっている「から」、認めてもらえてる。そう思うわけです。

一方、「がんばらない生き方」で人から認められると。

認められる「根拠」がありません。

強いて言えば、「ありのままの自分だから」となります。

自分らしく生きているから。僕だから、認められる。愛される。

不思議な感覚です。

そして、この「ありのままの自分で生きた結果、まわりから認められる」という経験をすると。

今までよりずっと、まわりから「認められている」「愛されてる」と深く実感できるようになります。

そして、わがままに生きている自分を許してくれるみんなに。ただただ感謝するようになるのです。

昔の僕は、まわりに「感謝しろ」と心の中で密かに思うことはあっても。心からまわりに感謝することはありませんでした。

それは、自分が無理してがんばって、ガマンして生きていたからです。

昔の僕は、人は「厳しい」と思ってました。だから、他人の目線を気にして、不自由に生きてきたのです。

でも、がんばらない生き方をするようになってから。

人は「やさしい」と思えるようになりました。

なぜなら、ありのままの自分で生きても、愛される。認めてもらえる。

そう、感じるようになったからです。

まさに、世界の見え方も変わってしまいました。

最後に、あなたに伝えたいこと

僕は、「がんばる生き方」から、「がんばらない生き方」で人生が好転しました。

その体験は、この記事だけで全て説明することはできません。

だから、この話を信じるのは今のあなたにとって、難しいかもしれません。

でも、もし今あなたが、毎日必死にがんばってて「人生がうまくいっていない」と感じるなら。

「がんばらない生き方」は、試してみる価値があります。

だって、シンプルに考えてみてください。

今、人生がうまくいっていないなら。行動を真逆(がんばる→がんばらない)に変えてみたら、うまくいく可能性は十分にあると思いませんか(笑)?

冗談のように感じるかもしれませんが、僕はそれで人生が変わりました。

試すか、試さないかは、もちろん、あなたの自由です。

でも、もしよかったら。少しずつでいいので、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね。

応援しています!

もしよかったら、僕の体験記、読んでみてください。

僕が「がんばらない生き方」に変わるきっかけとなったこちらの本も、オススメです。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告