最近は意識的にブログを少し短めに書くようにしています。

そのほうが読み手の負担が少なくなって読みやすくなるのではないかと最近は考えているからです。

そして自分自身も書く時に力が抜けるというメリットもあります。

自分のブログの読者の「読み方」を想像する

僕自身は他人のブログを読む時、かなりのスピードで読んでいます。書籍もそうですが、エッセンスだけつかめばいいと思ってるからです。

だからパッと読んで理解できないブログエントリーの場合、よほど興味がない限り熟読してまで理解しようとしません。

自分のブログの読者はどういった人達なのか。どんな風にブログを読むのか。こういったことを想像することが大切だと思うのです。

僕の場合、忙しいサラリーマンがメインの読み手で、皆僕と同じような読み方をするのではないかと想像します。そんな風に思うと、短くエッセンスがまとまっていたほうが、読み手にはやさしいのかなと思うのです。

昔の僕は読み手に自分の気づいたことを伝えよう、伝えようと一生懸命文章を書いていました。でもこちらが一生懸命になればなるほど、読み手も疲れてしまうかなと今は思うからです。

昔の自分のエントリーを見ると、関連リンクが10個くらい貼り付けてある(笑)。

今思うと「見て、見て〜」という感じで恥ずかしいんだけど、当時は自分のそういった意識に全く気づいていないんですよね。

毎回あんまり長い文章だと、読み手のエントリーを読む心理的ハードルが上がってしまうと思うのです。

短く書こうとすると自然と力が抜ける

そして何より、短く書こうと思うと僕自身もリラックスして書くことができるというメリットもあります。

エントリーを短く書こうと思うと、自然と力が抜けるんですよね。そしておそらくですが、読み手に伝わるメッセージ性はそんなに変わらないのではないか。そんな風に感じています。

そんな感じで、自然な感じでしっくりくる短めスタイルでしばらくブログ運営を続けてみたいと思います。ガッツリ書きたい時は遠慮なくガッツリ書きますけどねっ。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
ちきりん
文藝春秋
売り上げランキング: 9,206
男トースト―ガッツリ食べて腹いっぱい!
スタジオタッククリエイティブ
売り上げランキング: 595,668

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします