ブログを一年間「ほぼ日」で続けてこれたシンプルな方法とその2つの理由

ブログを一年間、ほぼ日刊で書いてきて思うこと。「よく続いたなぁ」だ。

なぜこれだけ続けることができたのか。タスク管理的観点からみたら、シンプルなことをやり続けただけだ。

そのシンプルなこととは何か。今日はシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

ファーストタスクの効力

タスク管理を学んでいる人にはもはや常識と言っていいだろう。

そう。ブログを書くことをファーストタスクにした。つまり、朝一の時間帯にブログを書くことにしたのだ。

なぜファーストタスクが習慣を継続するのに有効なのか。理由は2つある。見ていこう。

1.脳のエネルギーが最も「ある」時間帯である

ブログを書くのは楽しい。しかし常に楽しいかと聞かれると。正直、そうでない時だってある。

そんな時は書かないという選択肢もある。でも更新頻度が大切な時期だってある。書きたくなくても書かなければならない時もあるのだ。

そんな気が進まない時こそ。脳のエネルギーが大切になってくる。

僕達の脳は起きてからずっとエネルギーを使い続けている。つまり、朝一は最も脳のエネルギーがあり、夜は枯渇してくる。

簡単に言えば、脳のエネルギーが潤沢なほど行動を起こしやすいのだ。夜遅くになって、何もヤル気が起きない時のことを思い出してみてほしい。

そう、テレビしか見れないあの時だ。

そう。ブログを書きたくない時でも続けてこれた理由の一つは、脳のエネルギーが最もある時間帯にブログを書いてきたからと言えるだろう。

2.朝一は自分の時間

もう一つ。シンプルな理由がある。

朝一の時間帯は最もあなたが自由に使える時間帯だからだ。

特に子供がいたりするお父さんはわかると思うが、仕事が終わって家に帰ってからブログを書こうとすると。

子供が寝ないため、ブログを書けないなんてことはざらにある。

そう、「ブログを書きたいのに、書けない」。そんな「勝手なストレス」が生まれる。このストレスが育児にいいわけがない。

しかし朝一なら。今僕がこうしてマクドナルドのテラスでこのエントリーを書いているように。

誰にも邪魔されず、罪悪感も何も感じず、気持ちよく。ブログを書くことができるのだ。

こんな贅沢な環境はないと思っている。

まとめ

何かを続けるためには、習慣化が大きなキーワードとなる。

そして習慣化するための一番確実な方法が、ファーストタスクの考え方なのだ。

書きたくないと思った時でも、脳のエネルギーがあるので先送りはされにくい。

しかも朝一のクリアな頭で、快適な空間でブログを書くことができる。

あなたも朝型にシフトして、ブログを書いてみたらいかがだろう。

ということで、参考にしてほしい!!!

三輪さんにご紹介いただいた🎵 いつでもスタオバより

あなたにオススメなエントリーはこちら↓

あなたにオススメの本はこちら↓

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック