結婚相手と「ただの同居人」にならないために、大切だと思うたった一つのこと

妻と結婚してから、もうすぐ12年になる。

幸い、まだ愛想をつかされていない(はずw)。

そんな僕が思う、結婚相手と「ただの同居人」にならないために、大切だと思うたった一つのこと。

それは、できるだけ毎日、奥さんと話をすることだ。

「何をそんな当たり前のことを」と思ったかもしれない。

でも、これをきちんとできている人って、そう多くないと僕は思っている。

特に、平日。夜遅くまで仕事をしていて、奥さんとろくに話をすることなく、就寝してしまう。

そんな人も多いのではないだろうか。

これを繰り返していると、夫婦は「ただの同居人」になる。

これが僕の考えだ。

なぜなら、妻とは(女性とは?)話をしたい生き物だからだ。

広告


僕は普段残業をしないので、早く家に帰って、家族と一緒に夕飯を食べることが多い。

そうして夕飯を一緒に食べると、ほぼ必ずと言っていいくらい、妻からいろんな話をされる。

話の内容は、他愛のないものも多い。

たとえば、今日こんなことがあった。

今日子供と、こんなことをした。

時には子供のことについて、一緒に話をすることもある。

そうして毎日話をしていると、「妻は話をしたいんだなー」と感じる(もちろん、僕も妻との会話を楽しんでいる)。

こうして書くと当たり前のことすぎるのだが、恥ずかしながら僕はつい最近まで、このことに気がついていなかった。

家に帰っても、しょっちゅう携帯を見ていたので、今思えばいつも妻から「話を聞いていない」と言われた(今もたまに?言われる)。

妻は、話を聞いてほしいのだ。

そしておそらくだが、これはウチに限った話ではなく、世の中の奥さん全般に言えるのではないだろうか。

世の中の奥さんはきっと、「旦那にもっと話を聞いてほしい」と思っているはずなのだ。

だからこそ、世の中の男性(旦那)は、毎日少しでもいい。

奥さんと話をする時間をきちんと作ること。

これが夫婦が「ただの同居人」にならないために最も大切なことだと、長年の研究の結果、僕は思っている。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告