ブログを効率的に書きたいあなたに必要なこと!恒例のものくろさんのグループレッスンで考えるブログ論

先日も毎月恒例のものくろさんによるグループレッスンだった。前回の様子はこちら↓

今回はそもそもブログを何のために書くのか的な話からはじまり、奥が深い話となった。

どんな話があったのか。そしてどんな気づきがあったのか。シェアしたいと思う。

さあ、今日も早速いってみよう!!!

広告

ブログを何のために書くのかという問い

今回は勉強会の開催場所に集合すると、ものくろさんとみっちゃんがすでに白熱した議論を繰り広げていた。

うーん。話を総合すると、みっちゃんがブログについて悩んでいるようだ。

そこで勉強会メンバーのNaminori工房さんも合流。

そもそも「なぜブログを書くのか」という議論からスタートした。

さて。今ブログを書いているあなたは、この質問にどう答えるだろうか。

これは誰しもがブログをはじめたばかりの頃に考えさせられる問いだ。

ちなみに僕の答えは「自己探求」と「自己成長」のためだ。

しかしこれは人によって答えは違ってくるだろう。

そしてもしあなたがまだ答えを見つけていないなら、どうしたらいいのか。

僕なりにみっちゃんにアドバイスしたこと。それは「書き続けること」。

そう。書き続けていれば、自然と答えはでてくるのだ。それこそ潜在意識が答えを見つけてくれるだろう。

逆に書き続けなければ、いくら考えても答えはでない。悩むくらいなら、書き続けることのほうがずっと大切。

これは僕自身が1年間ブログを書いてきて思うこと。僕自身も自分の答えを見つけたのがつい最近だったからだ。

なぜブログを書くのか。

その答えを見つけるには書き続けること。ブログをはじめたばかりの人は、このように考えてみてほしい。

「考える」と「書く」を分ける

今回のメインテーマは「いかにブログを効率的に、短い時間で書くか」だった。

このことについてはみっちゃんのエントリーが参考になるだろう。

僕なりに整理させてもらうと、「考える」ことと「書く」ことを切り分けること。

これがブログを書くときは大切だと言えるということだ。

どんなテーマについてエントリーを書こうとしているのか。どんな文章構成で書いていくのか。

この「考える」を先に決めてから、「書く」に集中するのが望ましい。

まず書きはじめるということも悪くはない。ブレインストーミング的に思考は広がっていく。

しかしこれはブログを書きはじめる前に、別に行えばよいことだ。

エントリーを書きながらこの作業をすると、書きたいテーマからどんどんエントリー内容が離れていったりと、決して効率的とはいえない。

タスク管理でいえば、プロジェクト化せずにいきなり仕事をはじめるようなものだ。

ちなみに僕はブログを書くときに以下のような点に留意している。参考にしてみてほしい。

その他

ブログのエントリーを書く際、コピーしたリンク先をどんどん記録しておく機能をもったCopyLessというアプリを教えてもらった。

CopyLess
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

また、今はやりのWorkFlowyについても教えてもらった。

ブレインストーミングを中心に、これから重宝しそうだ。イメージは以下↓が参考になりそうだ。

まとめ

今のグループレッスンメンバーは全員がそれなりの頻度でブログを更新しているので、お互いがどんどんレベルアップしていることを感じる。

現在は毎月勉強会を開催しているのだが、中身もどんどん濃くなっていく。

そしてブログについての知識だけでなく、会社以外の仲間ができたということ。

Naminoriさんも書いている通り、本当に財産だと言えるだろう。

あいかわらず素晴らしい時間だった!

ということで、参考にしてほしい!!!

今日は久しぶりに夜中更新 いつでもスタオバ↓より

今日のメッセージ:ブログは書き続けることで、答えは見つかっていくものと考えよう。

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
染谷 昌利
インプレスジャパン
売り上げランキング: 10,408
モブログの女王がおしえるiPhoneブログ術
あかめ
秀和システム
売り上げランキング: 83,811

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック