自分が今できていないことよりも、今できていることを誇りに思おう。

昨日「あぁ、僕はこうやって、自分のことをずっと認めてこれなかったんだな」と思う出来事があった。

夜、別の部屋にいた小3の長女から、「パパちょっと来て!」と呼び出された。

長女のもとに行ってみると。

彼女は得意げに、ピアノで覚えたての鬼滅の刃の主題歌を僕に弾いて見せた。

楽譜を見ずにそらで弾けるようになったことが、自慢らしい。

演奏を終えた後、嬉しそうに「どう?」と聞いてきた。

僕は「すごいね」と言ったものの、娘も僕のことをよく知っている。

「ほんとはすごいと思ってないでしょ」と笑いながら言われてしまった。

広告


たしかにそうなのだ。

演奏を聞きながら、「もっと曲のテンポに合わせて弾けたらいいな」などと思ってしまった自分がいた。

自分は全く弾けないくせに(笑)。

その時、気がついた。

「あぁ、こうやって僕は自分のことを今まで認めてこれなかったんだぁ」と。

娘からすれば、そらで曲が弾けるようになった。それで十分じゃないか。

どうして僕はそのことに着目できず、「流暢に弾けていない」という点に着目してしまったのだろう。

そうやって僕は、今までずっと。

自分ができたことよりも、自分ができないことに着目してきたのだと思う。

「もっと自分のことを認めてきてあげたらよかったな」と、過去の自分を少し不憫に思った。

でも、過去は変えられない。だから、今日からにでも。

自分のできていることを認めてあげようと思った。

自分が今できていないことよりも、今できていることを誇りに思おう。

そう、思った。

自分ができていないことに着目しているかぎり、これからも一生、自分のことを認められないと思ったからだ。

おもしろいことに、チヤホヤされて育った年長の次女は、自己肯定感が高いのか、ちょっとしたことでもいつも「すごいでしょ!」と得意げに自慢してくる。

彼女はいつもニコニコしていて、幸せそうに生きている。

子供はいつだって、自分の失った感情を思い出させてくれる。

「これは見習わないといけないなぁ」とあらためて思った。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告