「好きなことを仕事にする」に僕達は過度の妄想を抱きすぎているのかもしれない

昔は好きなことを仕事にしたら。

「仕事」という感覚がなくなり、ずっと遊んでるような感覚で毎日を過ごせるようになる。

そう思っていた。

だからこそ。「いつかは好きなことを仕事にしたい」。

そう思ってきた。

でも最近、実は「仕事はやっぱり『仕事』という感覚は抜けないのではないだろうか?」と思いはじめている。

やっぱり仕事は仕事であり、遊びのような感覚にはならないのではないだろうか。

そう思うんだ。

それは、今自分が「セミナー講師」として部分的ではあるものの、好きなことを実際に仕事にしている経験から感じていること。

広告


僕はセミナーをやるのは間違いなく好きだし、実際にやるとものすごく楽しい。

でも、遊びのような感覚で楽しんでるかというと、やっぱり少し感覚は違う。

楽しんではいるものの、やっぱり「仕事」という感覚がどこかにはある。

そうすると、仮に会社員をやめて好きなこと(たとえばセミナー講師)だけを仕事にしたとしても。

昔僕がイメージしていたような「遊びのように働く」感覚にはならないのではないだろうか。

やっぱり「仕事は仕事」という感覚は拭えないのではなかろうか。

最近はそんなふうに感じている。

何が言いたいかというと、「好きなことを仕事にすることに僕達は過度の妄想を抱きすぎているのかもしれない」ということだ。

好きなことを仕事にさえできたら。今と違って、毎日ワクワク楽しく生きていける。人生が変わる!。

みたいに思うのはちょっとナイーブすぎるかもしれないと思う。

というか、やっぱり仕事と人生は切り分けたほうがいいのかもしれない。

「仕事は仕事」「遊びは遊び」

それでいいんじゃないかなと思うんだ。

「充実した仕事=充実した人生」という昔からの固定観念。

これが「好きなことを仕事にしたら、幸せに生きられる」という安易な考えに結びついてしまっているような気がする。

たしかにそういう人もいるのかもしれない。でも、どうやら僕は違うようだ(少なくとも今のところは)。

「充実した仕事=充実した人生」は絶対的な方程式ではないと思うのね。

だからね、自分が好きなこと、楽しいと感じることでできるだけ効率よく短い時間でたくさん稼ぐ。

そのうえで、あとの時間は人生を楽しむ(遊び)。

それでいいんじゃないかな。

そう思ったら、なんかスッキリしたかな。

仕事と人生は切り分けていい。

あなたはどう思う?感想があったら教えてね。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告