心屋仁之助さんの「心屋塾Beトレ」DVDは最高だった!僕がこれを買ってしまった2つの理由

僕は心屋仁之助さんの大ファンだ。

「一生お金に困らない生き方」を読んでからハマってしまい、心屋さんの本は全て読破してしまったほどだ。

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

そしてつい先日。僕は次のステージにいってしまった。

次のステージとは、心屋さんの「DVD」の購入だ。

「あーやってしまったか」

そう思ったあなたへ。僕は大変満足している。

今日は購入にいたる経緯とその感想をみんなにシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

一気に二つ買ってしまう

僕が今回購入したDVDはこちら↓

心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

心屋塾BeトレDVD vol.3「心と体のダイエット/断愛」 (心屋塾Beトレ)
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 207,725

一気に二つ買ってしまった。

DVDは先程のリンク先を見てもらうとわかるが、それなりに値段がするものだ。

ではなぜ僕はDVDを買うことに決めたのか。

みていこう。

1.本からは得られない情報がある

心屋さんの考えかたを知りたければ。本を全て精読すれば、ある程度理解することはできる。

しかし本で著者が書けることは限られている。

先日僕が受けた立花さんの個人コンサルの感想でも書いたが、いわゆる「舞台裏」までは書かれていないのだ。

今回のDVDは「Beトレ」といって、心屋さんが毎月開催されている継続的なセミナーの様子を収録したもの。

Beトレとは、心屋さんのサイトから引用すると、以下の定義になる。

自分の「あり方」 人としての「生き方」 を学ぶ場所です。

本では書かれていないエッセンスが語られるのではないか。

そう期待したのが購入した1つめの理由だ。

2.通勤時間の有効活用

もう一つの理由。それは通勤時間を有効活用できると思ったからだ。

先日通勤で神田昌典さんのオーディオを聞いていることをエントリーに書いた。

エントリーで書いたように、これは本当に学習効果が高い。

神田昌典さんだけでなく、心屋さんも通勤時間で聞くことで学習したい。

これも動機の一つとなっている。

で、どうだったのか

質問こそできないが(そりゃそうだ)、実際にセミナーに参加しているのと同じ感覚が味わえる。

そしてやはりわかりやすい。理解しやすい。

心屋さん自身も聞き手にわかるように喋っている。本には出てこない例え話も理解を助ける。

会場からのリアルな質問に対する心屋さんの答えも納得感がある。

本で読んで8割くらいわかっていた心屋イズムの残りの1割が埋まっていく感じだ(まだ完全には理解できんけど)。

DVDやセミナーの「生の声」はやはり本の理解を深める材料としてはとても価値がある。

あらためてそう思った。

まとめ

DVDを買うということ。

普段から購入している人はなんてことないかもしれないが、僕自身は映画以外のこういった学習型のDVDを購入したのは初めてだった。

きっかけは神田昌典さんのオーディオであったり、リアルに立花さんに会ったりしたことで得た成功体験。

本では得られない、生の声からの情報の価値が大切だと思ったから。勇気を出して購入してみた。

今回のDVDは結果的には大満足。心屋さんの考え方をより理解することができた。

今回学んだことはまたシェアしていきたいと思うが、あなたももしDVDを買うか悩んでるなら。

勇気を出して買ってみたらいかがだろうか。その理由は本エントリーに書いたとおりだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

ヤバい、どんどん買ってしまいそうな いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本やDVDはこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
心屋塾BeトレDVD vol.21 「執着を手放す」
心屋仁之助

売り上げランキング: 256,734

心屋塾BeトレDVD vol.3「心と体のダイエット/断愛」 (心屋塾Beトレ)
心屋仁之助
オーガニックスタイル株式会社
売り上げランキング: 207,725

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック