突然ですが、ブログの文体を変えることにしました。

岡部明美さん(以後、「明美ちゃん」)のセッションを受講し、僕は「ありのまま生きていたら人に非難される」というビリーフがあったことは前回書いた通りです。

そしてセッションの中で気づいたことがあります。

僕にとってブログは「ありのままの僕」でいられる場所だったということ。

このブログに書いている内容は、会社員としての僕ではなく、父親としての僕でもありません。

家族や親友にさえ、見せていないありのままの自分を見せる場所だったのです。


だから楽しかった。人から「いつも読んでます」と言われるのが嬉しかった。

「ありのままの僕」が、非難されずに存在を認められた気がしたから。

そしてこのことに気づいてしまった以上、僕のブログは「ありのままの僕」を見せていくブログにならざるをえないわけです。

その時考えたこのブログの1つの改善点は「文体」でした。

僕はブログをはじめる時に、「何者か」になろうとブログをはじめました。

それが今までの僕のブログの文体にあらわれていました。

書いている内容は僕そのものなのですが、その語り口は「ありのままの僕」ではない。

最近はブログを続けていくうちに少しずつ違和感を感じるようになっていました。

ブログは「ありのままの僕」を表現する場所。

であれば、文体も本来の僕の語り口に戻すのが本来あるべき姿なのではないか。

そんな風に思い、文体を変える決意をした次第です。

もちろんブログは全世界に発信していますし、僕のプライベートや気持ちの全てをさらけ出すわけではありません。

しかし今まで以上に、ありのままの僕を表現する場所として、大切にしていこうと思っています。

「なーんかこの文体だと、しっくりこないなぁ」というあなた。

気持ちはわかります。

今後は「さぁ、今日も早速いってみよう!!!」がでてこないわけですから、気持ちよく会社に出勤できないかもしれません。

大丈夫です。人間慣れますから(笑)。

僕のブログはここからです。

ありのままの僕を書いていけば、僕らしい新しい文体が見つかるでしょう。

その文を読むだけで、その文を僕が書いていることがわかる文。

ここに到達すべく、これからもブログを続けていきます。

みなさん、引き続き応援してくださいね!!!

ではでは。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします