お金を使うことは、「自分にそれだけの価値がある」と認めること。

そういう意味で、お金を使うことは大切。

心屋さんの書籍を読んで、僕は今その結論に達している。

そんな中、今回はじめて新幹線のグリーン車で大阪と東京間を移動してみた。

その感想と気づきをシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

1.座席がものすごくゆったり

はじめて乗ったグリーン車。まずはその席のゆったりさに感動。

写真だとあまりイメージできないと思うが、感覚的には1.3倍くらいの広さ。

まさに「ゆったり」だ。

そして目の前に足を置く台がある。これがまたいい。

正しい使い方かどうかはさておき、靴を脱いで靴下でこの台に足をおく。

完全に家でくつろぐ、おっさんだ。でもこれが本当に快適だった。

2.ゴミゴミしてない

あたりまえだが、一般車両と比べて人が圧倒的に少ない。

隣の席にも人がいないから、事実上隣席も自分のスペースになる。

僕は人が多いところが好きではないので、本当に心豊かに過ごすことができた。

武田双雲さんが、通勤時に心を豊かにするために短い時間でもグリーン車に乗っていた意味がわかった。

3.肘かけが快適

僕は新幹線ではいつも本を読む。

グリーン車の肘かけには、肘がいたくならないようにクッション性がある部分がある(茶色の部分)。

これがまた快適なのだ。ソファに座っている感覚に近い。

お家感覚で本を楽しむことができた。そして気づいたら爆睡していたことは公然の秘密だ。

まとめ

きっかけは、心屋さんの「一生お金に困らない生きかた」を読んだこと。

この本に出会い、お金を使うことの大切さを学んだ。お金を使うことで、自分には価値があると自分を許可する。

できるだけ生きたいように生きる。ガマンをしないということ。

心が豊かになることで、現実が豊かになっていくと信じること。

この考え方に至らなければ、僕はグリーン車に乗ることはなかったかもしれない。

でも心屋さんの本を読んでるうちに。ブログを書いているうちに。

「心が豊かになればや現実が豊かになる」という仮説を試してみたくなったのだ。

仮説を証明するには、仮説を実行して検証していくしかない。

こんな風に、これからも少しずつ実験していきたい。

自由で豊かなライフスタイルを目指して。

ということで、参考にしてほしい!!!

手に入れたぜ 夏休み いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
成功者の告白 (講談社+α文庫)
神田 昌典
講談社
売り上げランキング: 871

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「働き方を変える技術」を
現役会社員の立場から
教えています。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」
を33歳から実践。

個人事業主としてセミナー、
執筆活動も行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします