もっともっとハッピーに生きるために!他人と自分をもっと認めることから、はじめよう

先日、会社の同期入社同士である研修を受講した。

いつも顔を合わせているメンバー、10年ぶりくらいに会うメンバー。様々だ。

そんなメンバーで、グループにわかれてワーク。数日にわたり様々なテーマについて議論する。

そしてその中にお互いの長所と短所を意見交換する場があった。

そこで僕は大きな気づきをえることができた。それはなんだったのか。

今日はその気づきをシェアしたいと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

「ダチ」とのワークだからこそ

会社の同期入社って、不思議な関係だ。

どんなに忙しくても、同期入社のヤツの依頼なら最優先で対応してあげたいという気持ちになる。

そう。友達というか、「ダチ」なのだ。

そんな「ダチ」と、お互いの長所と短所を指摘しあう場。

お互い10年一生懸命働いてきたプライドもある。

どんなフィードバックが同期からあるのか。はたして同期は僕を受け入れてくれるのか。

けっこうな不安な中、お互いのフィードバックははじまった。

お互いを認め合うということ

けどはじまってみれば、そんな心配は不要だった。

お互いのフィードバックは「愛」に溢れていた。

だって「ダチ」だから。お互いがんばってきたことをしっているから。

会社で10年すごすと。サラリーマンである僕達も、お互い色んな経験をしてきている。

みんな一生懸命に生きてきた。がんばってきた。

いいことも、辛いこともたくさんあった。辛いことのほうが多かったかもしれない(笑)。

お互いがお互いの長所を認めつつ、短所もストレートにフィードバックしてくれる。

特にお互いを認め合うということ。これが僕のハートにはグッとくるものがあった。

そう。「ダチ」だから、お互いお世辞がない。だからこそ、こちらもストレートに「認めてもらっている」と感じることができる。

「認めてもらっている」から、短所の指摘も素直に受け入れられる。

お互い「愛」があるからこそ、認め合い、より高みを目指して互いの短所をずばり指摘することができる。

自分のことを良く知る機会としては、最高の場だったと今では感じている。

そして自分も認めるということ

僕達はきっと多かれ少なかれ。

人に認められたい。わかってほしい。そんな風に思っているはずだ。

僕達は一生懸命生きているのだから。

そして認められてこそ、他人の意見を素直に受け入れることができる。

だから僕達は他人をもっと認めてあげてもいいのではないか。

そして自分をもっと認めてあげてもいいのではないか。

お互い認め合えば、もっとこの世の中が愛に溢れていることに気づけるような気がする。

僕はこの研修の後、実際にそう感じるようになった。

まわりのメンバーに感謝の気持ちが生まれたのだ。それは一時的な感情かもしれない。

それがいつまでも続くように。まわりを認め、自分を認め続けたい。

そうすることで自分が見える景色がどんどん、「愛」ある世界に変わっていくのではないか。

そう願っている。

まとめ

僕達は素直に人のすごさを面と向かって認めることは少ない。

しかしそれはとってももったいないことだ。なぜなら僕達は実はすごいのだから。

僕達は誰でも一生懸命生きている。認められたい、わかってほしい。

お互いがお互いをもっと認め合う。自分で自分を認めてあげる。

「がんばってきたね」、「すごいよ」

そうすればお互いもっとハッピーに生きられるのではないか。

少なくとも僕は他人から認められることで、まわりのメンバーの愛を感じることができた。

あなたも他人を、そして自分を認めることからはじめてみよう。

もしかしたら今見えてる景色がガラッと変わってしまうかもしれない。

そう。「愛」溢れる世界が見えるかもしれない。

ということで、参考にしてほしい!!!

東京ではアサバ いつでもスタオバより

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
成功者の告白 (講談社+α文庫)
神田 昌典
講談社
売り上げランキング: 871
クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック