至福のひとときを増やしていけば、人生はシンプルに豊かになる-音楽を味わうということ

この一年をどう過ごしたいか。皆さんは年初に考える時間はとれただろうか?

ちなみに僕は年初にその内容をブログに書いてみた。

そのエントリーに書いた内容で、意外と自分で大切だと最近特に感じているものがある。

それは「音楽との向き合いかた」だ。

そのことについて、ちょっと書いてみたいと思う。ティータイムにでもサラッと目を通して欲しい。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

音楽は人生に彩りを与える

音楽。あぁ、音楽。

自分が「いいなぁ」と思う曲を聞くと。僕の場合、いつもドラマのエンディングのような画像が頭の中に流れてくる。

色んな思い出が回帰されるのだ。色んな人との出会いも回帰される。

人生の楽しかった思い出を中心に、思い出して幸福な気持ちになる。

また、未来の自分の人生を妄想したりして、これまた幸福な気持ちになる。

これは至福の時だ。

「いいなぁ」と思う曲はそれこそヘビーローテーションになる。

ひたすら飽きるまでその曲を楽しんでいる。

あなたは音楽を聞く時、どんな気分になるだろうか?

幸せな時間が長ければ長いほど、人生は豊かになる

これは僕の持論だが、僕達の人生はシンプルに、幸せな気持ちでいられる時間が長ければ長いほど、幸福な人生を送ることになる。

時間の使い方について。このことは今すぐにでもあなたが考えたほうがいいことかもしれない。

なぜか。

例えば昔の僕はすごい自分になりたくて。その不安という感情を忘れるためにひたすら読書をしていた。

だからこそ、勉強や読書に時間を費やしたくなる人の気持ちはわかっているつもりだ。

こういった将来への投資の時間もちろん大切なのだが、それと同じくらい大切な時間がある。

家族や友達とゆっくり食事を楽しむ時間。映画を見る時間。マンガを見る時間。音楽を楽しむ時間。

そういった、今の自分が幸福を感じる時間を大切にしたほうがいい。

幸福感を感じること、楽しい時間を後回しにすると、今の人生を楽しめないからだ。

心穏やかに人生を楽しむことができない。

それはあまりにももったいないと今の僕は思うのだ。

音楽だけを楽しむ

話を元に戻そう。音楽を楽しむこと。

それは僕にとっては至福の時間だということに、最近あらためて気づかされたのだ。

それは年末1時間程音楽だけを楽しんでいた時に気付いた。

普段何かをしながら。あるいは通勤時間に、音楽を聞いていたが。本当の意味で今まで僕は音楽を聴いていなかったように思う。

1日20分くらいでもいい。音楽だけを聞いて、味わう。楽しむ。

そんな至福の時間を習慣化していきたいと思う。それこそが僕の豊かな人生につながっていくだろう。

まとめ

今の人生を楽しむ。

将来も大切だが、今の時間は同じくらいあるいはもっと大切ではないか。

最近の僕はそう考えるようになっている。

そして今幸せなになることが、結果的に明るい未来につながるのではないだろうか。

そう。「思考が先、現実が後」。

この仮説が正しいかどうか。僕はこうして毎日実験をしていっている。

これからどうなるか。本当に楽しみだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

どんどん時間が豊かになっていっている いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

音楽をゆっくり味わって、至福の時間を味わおう!

こちらのエントリーもいかがでしょう

あなたにオススメ

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
成功者の告白 (講談社+α文庫)
神田 昌典
講談社
売り上げランキング: 871

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック