毎日30分ぼーっとする習慣の「思わぬ効用」-思考を整理する時間を意図的に確保する

僕は昨年くらいから、毎日30分くらい、ぼーっとする時間を作るようしている。

最初はリラックスするために作った時間だった。しかし最近は別の効果が副産物として生まれてきている。

そういう意味では結果的に、すばらしい習慣となった。

今日はなぜ僕がぼーっとすることをオススメするのか。

その理由を書いていこうと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

はじめたきっかけは

最初は、自分を休める目的ではじめた。

当時の僕はリラックスして、のんびりする時間が必要だと感じていたからだ。

なぜか。それは以前の僕は、時間ができたらスキマ時間に必ず何かしていたからだ。のんびりする時間があまりなかった。

スキマ時間ができると。本を読んだり、スマホで何かしら情報を見にいっていた。

これだと、いつも何かしてて、なんか忙しないわけだ。

人間は機械ではない以上、のんびり休む時間も必要なのだ。

「ゆっくりコーヒーを飲む時間が欲しいなぁ」。

当時の僕はやろうと思えばいつでもできるのに、常にそう思っていた。

当時の僕はインプット中毒になっていて、ゆっくりするのは時間がもったいないと感じていたのだ。

思わぬ副産物

この習慣を継続してみて。

ぼーっとしながら、ゆっくりコーヒーを味わう。この時間は僕にとって至福の時となった。

毎日30分以上は大抵コーヒー飲みながら、ぼーっとする。

続けていくうちにわかった。この新しい習慣は思わぬ副産物を僕にもたらしてくれたのだ。

この時間中、リラックスしてるからなのか。ブログのアイデアが湧いてくるようになったのだ。

よくシャワーを浴びてる時とか、寝る前にアイデアが湧くが、あの時と同じだ。

僕達はリラックスしてる時こそ、アイデアが生まれる。

意図的にぼーっとすることで、リラックスし、ブログのアイデアも湧く。

そういう意味でこの習慣は僕にとってはとても大切な時間になりつつあるのだ。

まとめ

ゆっくりぼーっとする時間を毎日30分以上作ること。

昔の僕では考えられなかったことだ。昔の僕であれば、その時間にインプットをしたくて、「もったいない」と思うだろう。

でもある時から僕にパラダイムシフトが起きたのだ。「今を豊かに生きよう」と。

インプット中毒の時の僕はなんかいつも気持ちが忙しかった。何かしていないと、落ち着かない。

心があまり穏やかでなかったのだ。

当時は「今」を楽しんでいる気持ちがあまりなかった。将来のことばかりを考えていたのだ。

でも今考えれば。これはまた未来へ行っても同じことの繰り返しになる。5年後はその時で、またその先の未来のことを考えるだろう。

「そしたら僕はいつ人生を楽しむんだ?」

僕はきっと無意識にそう思ったのだろう。その結果、今の習慣がある。

今の人生を精一杯楽しもう。

今が豊かになるからこそ、未来が豊かになる。

「思考が先、現実が後」

そう思ってから、僕の心は本当に穏やかになった。この「今」を楽しむ思考はどんどん進んでいる。

これからさらに僕の思考がどう進化していくのか。それがとても楽しみだ。

ということで、参考にしてほしい!!!

また娘が夜更かしするようになってきた いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

「今」をのんびりと味わって、楽しもう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 11,795
マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック