贅沢な時間は「すでにある」-20分のスキマ時間の活用法

昨日いつもと違う時間の電車に乗って通勤したら、当初予定していた時間より20分くらい早く、会社の最寄駅についてしまった。

そんな時、あなたならどうするだろうか。

会社に早めに行って、仕事をするのか。

喫茶店かどこかで20分ゆっくり過ごすのか。

果たして僕はどちらを選択したのか。今日はこんな話からはじめてみよう。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

20分の贅沢な時間をすごす

結論から言えば。

僕は会社近くのいつものマクドナルドに向かった。

たったの20分のために?そう思う人もいるかもしれない。

昔の僕なら。20分多く仕事ができることを喜んで、会社に出社していただろう。

でも今の僕は多くの時間を仕事に費やすことを重要視していない。

むしろこの20分の時間をどう有意義に使うか。それこそが僕の今日一日を左右するのに重要と考えている。

あなたならその20分をどう使うか

あなたなら、この20分をどう使うだろうか。

僕は何も考えず、コーヒーを味わいながらボーッとしていた。

これは至福の時間だ。

情報過多の今の時代。僕達は油断するとスキマ時間にスマホをみたり、本を読んだりと常に何かしていてとても忙しい。

そんな忙しい日々をひたすら生きていると、「5分でもいいから、コーヒーをゆっくり飲みたい」と思うようになる。

昔の僕は実際にそうだった。

それだったら、簡単だ。スマホを見る時間を5分減らせばいい。

そんなシンプルなことを、昔の人僕は気づいてなかった。

どこかを効率よくして、時間を作ろう。そう考えていた。

でも今やっている何かをやめれば、簡単に時間は創出できる。

そうすれば、コーヒーを味わう時間は確保できるのだ。シンプルではないだろうか。

効果を実感することからはじめる

今の僕は、毎朝30分くらい出勤前にボーっと過ごすことを日課にしている。

ブログを書いた後、コーヒーを飲みながらボーッと過ごす。

こんな贅沢な時間はない。

そしてこの時間が、僕の脳をリラックスさせ、スッキリさせてくれる。この効果はとてつもなく大きい。

こういったことを習慣化するには、この効果を実感してみるしかない。

あなたがボーッとする時間を確保したいなら、まずはその効果を実感すべく、やってみるしかないのだ。

その効果を実感すれば、ボーッとする時間を確保する動機が生まれる。

それが習慣化へのカギとなる。

まとめ

ふとした日常で、20分。時間ができた。

あなたはどんな時間を過ごすだろうか。

スマホチェックで20分を費やしてしまう。それもオッケー。

でもたまにはボーッと、コーヒーをゆっくり味わってみる。

そんな贅沢な時間を過ごしてみてもいいかもしれない。

そうすることで、贅沢な時間は「すでにあった」ことに気づけるから。

そしてその効果を実感すれば、その習慣を継続する動機となる。

そうして少しずつ、あなたの人生はハッピーになっていく。

ということで、参考にしてほしい!!!

今日で仕事納め! いつでもスタオバより

このエントリーのメッセージ

20分あったら、ボーッとして、コーヒーを楽しんでみよう!

こちらのエントリーもいかがでしょう?

あなたにオススメ

マンガでわかる 非常識な成功法則
神田 昌典
ぶんか社
売り上げランキング: 148
すごい手抜き - 今よりゆるくはたらいて、今より評価される30の仕事術 -
佐々木 正悟
ワニブックス
売り上げランキング: 3,950
一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309

いつでもスタオバってどんな人?

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック