「ちょっと最近忙しすぎるなぁ」と思ったら、時間のトレードオフについて考えよう

昨日はブログ休刊日だった。

僕は最近平日に一日、ブログをお休みする日を設けている。「毎日書かなければならない」と自分を強制するとストレスも溜まるからだ。

「ブログを書きたい時に書く」という気持ちを忘れないためにも、当面ブログ休刊日を設けることにしたのだ。

最近実践しているこの習慣で感じる気づきを書いてみようと思う。さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

何かをやめるから、時間が創出される

今まで僕はほぼ日刊でブログを書いてきた。1エントリー書くのにおおよそ一時間。

つまりブログを書かなければ、一時間自由に使えるということになる。そう、何かをやめれば時間が創出されるのだ。

当たり前のことなのだが、僕達はこの事実を忘れてしまうことがあまりにも多い。何か新しいことを始めようとする時、単純にそれを追加してしまうのだ。

そうするとどうなるのか。そう、時間が足りないからすごく忙しく感じる。日々バタバタして、心の余裕がなくなるのだ。

これはタスクリストを作れば一目瞭然の話なのだが、誰もが失敗する話。何かを始めるなら、何かをやめる必要があることを覚えておこう。

時間の創出は、豊かさを生み出す

ブログを書く一時間に代わり、一時間自由に使う。普段は「〜する時間」と決める僕だが、この時間はフリータイムとしている。

読みたかった本を読んでもいい。ボーッと外を眺めてもいいのだ。SNSを見てもいい。

「自由に時間を使っていい」という自由な感覚が、自分の心を豊かにしてくれる。そんな感覚に襲われるのだ。

そう。僕達はやはり忙しすぎるのだろう。朝5分でもいいから、ゆっくり外の景色を眺めていたい。忙しいと、こう思うことがある。

そうしたければ、そうすればいい。頑張りすぎなくてもいい。最近ハマってる心屋仁之助さんの本を読んで、最近はそう思うようになった。

あなたは日々がんばりすぎていないだろうか?

まとめ

僕達は基本的に忙しい。毎日が時間とのタイムアタックだ。

そんな中、時間を創出するためにどうしたらいいのか。一番シンプルな方法は何かをやめるということなのだ。

何かをやめずに何かを始めると、超忙しくなってしまう。ただでさえ時間がなかったのに、もっと時間がなくなる。睡眠時間を削らなければならないかもしれない。

そんな話であれば、テレビを見る時間をなくせばいい。現在習慣となっている何かをやめればいいのだ。

あれもこれもと手をつけて、頑張りすぎる必要はないのだ。ストレスが溜まるだけだ。

「〜をしなければならない」からもっと自由に生きていきたい。みんなもそう願っているのではないだろうか。

だったらそうしよう。少しずつ、始めていけばいいと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

最近より自由になってしまった いつでもスタオバより

関連エントリー

⚫︎「タスク管理は難しい」という思い込みをなくすということ | いつでも スタオバ!!!

⚫︎読んだら人生が変わってしまうかもしれない:心屋仁之助さんの「一生お金に困らない生き方」を読んで | いつでも スタオバ!!!

⚫︎まとめエントリー:Toodledoとたすくまでタスク管理を始めよう!!! | いつでも スタオバ!!!

⚫︎全てを犠牲にして働き続けたその先にあるもの | いつでも スタオバ!!!

⚫︎TaskChuteユーザーの僕が、なぜ「たすくま」を使い始めたのか | いつでも スタオバ!!!

⚫︎僕はどんなきっかけでTaskChuteを購入することになったのか | いつでも スタオバ!!!

⚫︎なぜ紙のタスクリストよりTaskChuteなのか。その疑問にお答えしよう | いつでも スタオバ!!!

参考書籍

一生お金に困らない生き方
心屋 仁之助
PHP研究所
売り上げランキング: 1,309
クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863
マンガでわかる! 幼稚園児でもできた! ! タスク管理超入門
岡野 純
リットーミュージック
売り上げランキング: 8,853
スマホ時代のタスク管理「超」入門―「いつかやりたいこと」を「今からやること」に変換する
佐々木 正悟 大橋 悦夫
東洋経済新報社
売り上げランキング: 183,420

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック