タスク管理を始めたいあなたへ。Toodledoの使い方その2

タスク管理を始めたいあなたに。昨日のエントリーから僕のタスク管理手法を紹介している。

昨日はToodledoでのタスク追加から、コンテキスト作成までだった。

今日は一歩進む。Search機能を使って、日毎にタスクリストを確認する方法を学んでいこう。

準備はいいだろうか。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

前提条件

今週末の2/22に、2/23〜2/27のタスクを日毎に割り振りたい(週次スタート)という想定。

これからやろうとしていること

ToodledoのSearch機能を使って、例えば2/23にやらなければならないタスクを抽出する。

本ケースの場合、やらなければならないタスクは以下を想定している。
●「毎日実行するルーティンタスク」
●「タスクの期日が2/23のタスク」
●「平日に実行するタスク」
●「毎週月曜日に実行するタスク」

操作編

まず、前回追加していったタスクに期日を設定する。今回はひとまず全て、2/23とする。タスク毎に「Due Date」欄に2/23を追加していく。

赤丸箇所のSearchをポチると、以下の画面に移行する。

以下の画像の赤丸箇所をポチると、検索条件が追加できるので押してみよう。

+ボタンでさらに行を追加する。

2/23にやらなければならないタスクを抽出(Search)するため、以下のように、入力してみてほしい。

少し解説すると、
●一番上の「Checked Off 」と「No」は、「未完了のタスク」を意味する
●「Repeat」「is」「 Daily」は毎日リピートされるデイリータスクを意味する。
●「Due Date 」「is」「2/23」は2/23が期日のタスクを意味する。
●「Tag」「 contains」「平日」で「平日」のタグを含むタスクを意味する。
●「Tag」「 contains」「月」で「月」のタグを含むタスクを意味する。

以上を設定することで、2/23にやらなければならないタスクが抽出される。検索条件を入力したら、Searchボタンを押そう。

2/23のタスクが表示される。感動に浸る前に、以下の作業をしてほしい。検索条件を保存するのだ。画面右上のSave Searchをタップする。

以下のような画面が出るので、2/23の検索条件を保存したい場合は、23(月)というように日付と曜日を入力して、「OK」。

そうすると、画面の左側に23(月)が表示されている!

そしたら、同じ手順で火~金まで作ってみよう。日付(Due Date)と、曜日のTagを変えていくだけだ。そうすると、以下の画面のようなイメージになるだろう。

今日はひとまずここまでにしよう。

まとめ

今日は、ToodledoのSearch機能を使って、日毎のタスクを抽出する方法を紹介した。

この方法をマスターすると、簡単に日毎のタスクを把握できるようになる。2/23のタスクを見た後、2/25のタスクも一瞬で切り替えが可能。

この機能を駆使することで、週末に全てのタスクを次の月~金に割り振ることが可能となる。

そうすることで、絶大な安心感を手に入れることができるようになるのだ(なぜか?は次回以降に書いていく)。

次回以降はいよいよ活用編だ。楽しみにしておいてほしい。

おっと、このタスク管理手法は佐々木正悟さんの以下の書籍に記載された方法を、僕なりにアレンジしたものだ。興味を持ったら読んでみてほしい。

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 160,863

ということで、参考にしてほしい!!!

ついに今日Macが届く?いつでもスタオバより

関連エントリー