わがままに生きてもいい。自分勝手ではなく、自分も他人も大切にして、愛されて生きよう。

最近の僕はかなりわがままに生きている。

「わがままに生きる」と聞くと、自分勝手に生きるイメージがある。そんな生き方をすると、他人から嫌われてしまうのではないか。そう思ってしまう人も多いはずだ。

でもそれは大きな誤解だ。

「わがままに生きる」とは、自分が生きたいように生きることで、結果的に他人も大切にする生き方だ。

どういうことかと言うと。

まず自分が生きたいように自由に生きていくことで、自分自身が満たされる。

そうして自分自身が満たされると、人は自然と「他人のことを大切にしよう」と思うようになる。

そうすると自然と他人のことも思いやれるようになり、そのように行動も変わってくる。

そうした生き方をしていれば、当然他人からも愛されるようになる。

このことは僕自身がわがままに生きるようになり、強く実感していることだ。

今でこそわがままに生きている僕も、昔は「わがままに生きていたら嫌われる」「愛されるためには自分を犠牲にしないといけない」と考えて生きていた。

正直に告白すると、その時は今のように。心から他人のことを大切にしようと思えていなかった。

広告

同僚に対して「お前もがんばれ」「自分でなんとかしろ」と思っていた

たとえば仕事で同僚が大量の仕事を前に溺れていても、手遅れになりそうなレベルにならない限り、見て見ぬふりをした。

他の同僚の目が気になる時は助けたりもした。そんな時も本心では「人に迷惑かけるなよ」と思っていた

もちろん、頭では「助けてあげなきゃ」と思っていた。

でも当時は自分自身も必死になって仕事をしていて、余裕も全くなかった。

そんな状態だったので、「お前もがんばれ」「自分でなんとかしろ」と思ってしまっていた。

人は自分が我慢していると、他人にも同じように我慢を強いるようになるのだ。

わがままに生きて、同僚に感謝し「役に立ちたい」と思えるように

わがままに生きるようになって驚いたのは、同僚に対して感謝の気持ちを感じるようになったことだ。

わがままに生きるようになってから、僕は自分がやりたくないこと、苦手なことを人にできるだけお願いするようになった。

そうして自分自身が我慢をしなくなり、楽しく働けるようになると。他人へは、感謝の気持ちしか生まれなくなる。

同僚が困ってると、自然と「助けてあげたい」と思うようになった。

実際に先日、同僚が困っているのを見て。僕自身、本心から同僚の「役に立ちたい」と思った。そして同僚の仕事を一部引き取ることを提案した。

同僚の仕事を自分が自ら引き取るようになることなんて、昔の自分からはとても想像できないことだった。

こうしてわがままに生きるようになり、自分自身にゆとりが生まれ、他人のことを思いやれるようになった。

今の僕は自分自身の生き方に心から満足している。

まとめ

「わがままに生きる」と聞くと、「自分勝手に生きること」「人から嫌われること」を連想してしまう。

でも、「わがままに生きる」とは、自分が生きたいように生きることであり、その結果として、「他人のことも大切にできるようになる」「愛される」生き方なのだ。

昔の僕のように、「わがままに生きていたら嫌われる」「愛されるためには自分を犠牲にしないといけない」と生きてきた人にとっては、ものすごく怖い生き方かもしれない。

でも、僕は勇気を出してわがままに生きるようになり、本当によかったと思っている。

あなたにもぜひ、この喜びを味わってほしい。

わがままに生きよう。

「なかなか一歩踏み出せない」という人は、僕の体験がきっと役に立つはずだ。

ということで、参考にしてほしい!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告