今度こそあれを習慣化したい!習慣化に必要な「儀式」を作るのに必要なこと

先日のエントリーで、行動を習慣化するには「儀式」が大切ということを書いた。

それでは「儀式」をどう作ったらいいのか。今日はこのテーマで書いてみようと思う。

さぁ、今日も早速いってみよう!!!

広告

自分が無意識に行っている「儀式」を見つめ直してみた

このエントリーを書く際、正直考えがまとまるのに珍しく時間がかかった。

僕は習慣化が得意なので、無意識に「儀式」を作り出せていたからだ。

自分が普段どうやって「儀式」を作り出しているか。この機会に少し考えてみた。

自分の中にある、いくつかの「儀式」を思い出す。

  • 試験前など、何かに集中して取り組む前はトイレにいく(途中でいきたくなったら困るから)
  • 何かに没頭したいときは、喫茶店へ行く(脱線しないために)
  • 作業前に机の上をきれいにする
  • 何かを習慣化したい時は、極力同じ時間帯にその行動を繰り返す
  • 一回やった作業は、うまくいかない場合を除き、同じ順番で繰り返す

これらは何を意味するのだろうか。説明していこう。

うまくいったことを再現する

一言でいえば、うまくいったことを再現しようとすることだ。

例えば早起きを習慣化したいとしよう。

はじめのうちは何回も失敗するが、うまくいくときだってあるはずだ。その時の自分の行動をふりかえるのがミソ。

  • 前日何時に寝たのか。
  • 寝る前に何をしたのか。
  • 夕飯は何時頃に取ったのか
  • 夜どんな過ごし方をしたのか

色んな観点で、自分の行動をふりかえる。その中に、うまくいったヒントが隠されている。

そしてそのヒントこそが、「儀式」となるものなのだ。

そういった意味で、うまくいった時の行動をふりかえることが「儀式」を作るためには必要。

ではどのように振り返ればいいのか。みていこう。

「儀式」を炙り出す

うまくいった時の行動をふりかえる時は、うまくいった要因をあぶり出すことが必要だ。

要するにうまくいった理由の仮説をたて、実験して検証するのだ。

早起きのケースでいけば。前日寝た時間が22時だったのであれば、今日も22時に寝てみる。

それでうまくいけば、それが成功の要因といえる。うまくいかない場合は、もう一度考えてみる。

「そういえば、寝る前にテレビをみなかったな」と思えば、それを仮説として、寝る前にテレビをみずに寝てみる。

こんな感じで、うまくいった要因の仮説をたて、その仮説が正しいか実験(行動)を通して検証していくのだ。

地味な作業ではあるが、この作業の果てにあなたには強力な「儀式」が手に入ることになる。

まとめ

何かを習慣化するためには自分なりの「儀式」を作ることが鍵になる。

そしてその「儀式」を作るためには、うまくいった時をふりかえることが大切だ。

うまくいった時、どのような行動をとったのか。どのような順番で行動したのか。

自分の行動をふりかえり、うまくいった要因を推測し仮説をたてる。

そして仮説が正しいか、今一度実験(行動)して検証する。

うまくいけば仮説が正しいと証明されたことになる。それがあなたの「儀式」となる。

地味な作業ではあるが、「儀式」を作ることができると習慣化はずっと簡単になる。

うまく習慣化できない人は、こういった観点で考えてみてはどうだろうか。

ということで、参考にしてほしい!!!

シルバーウィークは育児中心 いつでもスタオバより

今日のメッセージ:行動を習慣化するには、なぜうまくいったのかを考えることが大切!

あなたにオススメのエントリーはこちら

あなたにオススメの本はこちら

クラウド時代のタスク管理の技術―驚くほど仕事が片付いてしまう!
佐々木 正悟
東洋経済新報社
売り上げランキング: 28,956
ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!
心屋 仁之助
廣済堂出版 (2015-08-13)
売り上げランキング: 212

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック